「一歩間違えば、大惨事となっていました」(内野泰輔フジテレビアナウンサー)

おととい5日(2017年9月)午後6時ごろ、大阪市東成区の商店街を盗難車と見られるナンバーなしのクルマが暴走したそうだ。

現場はアーケードが1キロ続く、幅約3.8メートルの道路。当時歩行者天国で、暴走車は自転車などにぶつかりそうになりながら走行したという。

「ほんとケガ人が出なかったのが不思議なくらいなんです」(内野)

警察の追跡うけていた

このクルマは6時11分ごろ、乗り捨てられた状態で見つかったそうだ。同じクルマは午後4時45分ごろ、不審車両として警察の追跡をうけたという。その後、車3台を巻き込む事故を起こすなどして、追跡を振り切っていたそうだ。

犯人は依然、逃走中で、警察が行方を追っているという。