痴漢被害者の9割近くが泣き寝入り(depositphotos.com)

写真拡大

 多くの女性が被害にあっている痴漢犯罪。加害者となる男性は、いったいなぜそのような行為に及んでいるのか? 

 1000件を超える性犯罪者の臨床データの蓄積をもとに、その真相にせまった痴漢の実態を明らかにした専門書『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)が、先日発売された。著者は大森榎本クリニック精神保健福祉部長の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)である。

 斉藤氏は同クリニックでさまざまな依存症の患者の治療にあたっている。性犯罪を繰り返す人も、その治療対象のひとつだ。そんな斉藤氏による同書は、個人の問題に矮小化してしまいがちな痴漢事件に関して社会モデルと医療モデルの視点で捉えなおした日本初の痴漢の専門書である。

 斉藤氏に<痴漢犯罪>のさまざまな疑問を訊いた。

初めての痴漢で「脳に電撃が走る」

 「痴漢を繰り返してきた人に初めて痴漢をしたきっかけを聞くと、『いつも想像してた痴漢を今日こそやってみよう』と意を決して行ったという人は意外に少ない。一番多いのは、たまたま満員電車の中で女性に手や身体の一部が触れたときに、柔らかくて気持ちよかったという人たちが多い」

 「その経験を『脳に電撃が走った』と表現する人もいます。ほかには、偶然女性が痴漢されているのを目撃して、『自分もやってみようと思った』という人も一定数存在します。また、少数派ですが痴漢のアダルトコンテンツを模倣したケースもあります」(斉藤氏)

 ふとしたきっかけから始まる痴漢犯罪。『男が痴漢になる理由』によると、平成28年度中、東京都内で痴漢(迷惑防止条例違反)は約1800件発生したというデータがある(警視庁調べ)。

 だが、斉藤氏によれば、このように表に現れた痴漢行為は氷山の一角にすぎないという。これも同書に掲載されている警視庁のデータによれば、東京・名古屋・大阪に居住し、通勤・通学のために電車を利用している16歳以上の女性2221人のうち、「過去1年間に電車内で痴漢被害に遭った」と回答した女子は304人、全体の13.7%にのぼった。

 そのうち「警察に通報・相談していない」と回答した女性は271人。被害女性の9割近くが泣き寝入りをしていることになる。

混雑する路線や時間帯を研究する痴漢加害者も

 それほどまでに多い痴漢犯罪の行なわれる場所は、警視庁のデータによると圧倒的に「電車内」が多い。その内訳は「電車が52.7%」「駅が19.4%」「店舗内が11.5%」「路上が8.8%」「バスが0.5%」「商業施設ビルが1.8%」「その他が5.3%」となっている。

 やはり、見知らぬ者同士が身体を密着させる電車内が主な犯行の場所となっていることが伺える。

 「痴漢が発生する時間帯として一番多いのは朝の8時半頃。9時に始業する会社に合わせて電車が一番混んでいるときです。路線によっては200%を超える場合もあります。多くの痴漢が出勤途中の車内で犯行におよび、そのまま会社に向かっています」

 「その一方、事前に綿密なリサーチをして犯行におよぶ者もいます。どの路線や時間帯が混んでいるか――早めに家を出ていつもと違う経路の車内で痴漢する人もいます。中にはあえて空いている車内でやったり、隣に座る女性を巧妙に触るケースもあります。腕を組んで寝たふりをして、脇から出した手先で触るのです」

 ちなみに、「服の上から触る」と「迷惑防止条例違反」だが「下着の中に手を入れる」と「強制わいせつ罪」になる。痴漢加害者が集まるネット上の掲示板などで研究している者たちは、その点もよく知っている。

 だが、それでもなお痴漢を繰り返すうちに、行為はエスカレートしていく。逮捕された時には、痴漢行為を毎朝繰り返すようになっていた男性も少なくない。痴漢がやめられない――実に根の深い性犯罪だ。

 なぜ、痴漢にハマるのか? 次回は痴漢加害者の深層心理に迫る。
(文=里中高志)

斉藤章佳(さいとう・あきよし) 
大森榎本クリニック精神保健福祉部長。アジア最大規模といわれる依存症施設「榎本クリニック」(東京都)で、精神保健福祉士・社会福祉士として、アルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性依存・虐待・DV・クレプトマニアなどのアディクション問題に携わる。大学や専門学校で早期の依存症教育にも積極的に取り組んでおり、講演も含め、その活動は幅広くマスコミでも度々取り上げられている。著者に『性依存症の治療』、『性依存症のリアル』(ともに金剛出版)、その他、論文も多数。