「2017年度外務大臣表彰賞授与式」が4日、北京の在中日本大使館で行われ、天津外国語大学の修剛学長、北京戯曲評論学会のキン飛会長(キンは革へんに斤)ら5人が受賞した。人民網が伝えた。

写真拡大

「2017年度外務大臣表彰賞授与式」が4日、北京の在中日本大使館で行われ、天津外国語大学の修剛学長、北京戯曲評論学会のキン飛会長(キンは革へんに斤)ら5人が受賞した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

同授与式には横井裕駐中国日本国大使が出席し、表彰賞を授与した。横井大使は、「今回の外務大臣表彰賞授与は岸田文雄前外務大臣の委任を受けて、日中友好分野において卓越した功績を挙げた各界の人々に感謝の意を伝えるためのもの。受賞者たちは一年を通して、それぞれの専門分野で活躍し、日中両国の関係の発展推進に力を尽くし、両国の外交に多大な貢献をした」と語った。

今回の受賞者は、北京市月壇中学の呂世華・元校長、中国徐福会の張雲方会長、中国建設科技集団股フン有限公司(フンはにんべんに分)外事管理弁公室の張艶顧問、天津外国語大学の修剛学長、北京戯曲評論学会のキン飛会長の5人。

天津外国語大学の修剛学長は、「この賞は私個人に対して贈られた賞であるばかりか、中国の日本語教育界を認める意義を持つ。日本語教育は中日交流の最も直接的な架け橋であり、今後教育の作用を発揮し続け、中国を理解した若者、日本を理解した若者を多数育成し、中日両国の世代にわたる友好に対して共に貢献していく」と受賞に対する思いを述べた。

北京戯曲評論学会のキン会長は年間を通じて日中文化交流に尽力しており、20年にわたって日本の能楽、歌舞伎、中国の戯曲などの伝統芸術分野の交流活動を何度も開催してきた。キン会長は、「日本は私の第二のふるさとで、日本文化には深い敬意を抱いており、日本に対して並々ならぬ思いがある。このような各個人の思いを結集させ続けることで、中日両国の国民の交流の強固な基礎が構築され、今では、そのような各個人の思いは豊かなものとなり、強まり続けている」と語った。

横井大使は、「今年は日中国交正常化45周年にあたる。日本と中国は一衣帯水の隣国であり、その45年間の中で両国関係が困難に直面したときも、私たちは経済、学術、文化、人員交流、観光などの多くの分野における、予想を超えるめざましい発展と推進を目の当たりにしてきた」と述べた。

また来年は「日中平和友好条約」締結40周年にあたることに触れ、横井大使は、「現在の日中関係において、いくつかの難題を抱えているが、両国関係の改善は一歩ずつ進んでいる。在中日本大使館はこのチャンスをしっかりとつかみ、両国の協力、交流をより一層向上させることに全力で取り組む」との思いを語った。(提供/人民網日本語版・編集YK)