男の子2人のパパで、子どもと妻をこよなく愛しているヒロム(@jHBdMyw6TgkEwDX)さん。

「いまの時代に生まれてよかった」と思えるひと言を、通りすがりのおばあさんにいわれたそうです。

女の子を泣かせないようにね

ヒロムさんが妻と歩いている時のこと。

偶然通りかかったおばあさんから、「仲いいね」と声をかけられました。

仲睦まじく歩いていたヒロムさんたちを見て、微笑ましく思ったのしょう。おばあさんはさらに、こんなことをいってきたといいます。

※写真はイメージ

「私の旦那は戦争行ったっきり帰ってこなくて、もう何10年も帰りを待っているよ。女の子を泣かせないようにね」

何10年経っても、旦那さんは帰ってくると一途に思い続けるおばあさん。戦争で強制的に離れ離れになってしまった、当時の2人の気持ちを考えると、胸が締め付けられます。

「この時代に生まれて本当によかった」と感じたヒロムさん。おばあさんに対して、このようなコメントもしていました。

おばあさんのすごいところは、生きてるかも分からない夫の帰りを信じて待ち続け、一途に暮らしていたところ。
配偶者や恋人を悲しませてはならないと思う。

戦争がない平和な時代に生まれてきた幸運。愛する人は、いつまでも大切にしたいですね。

[文・構成/grape編集部]