PSG入りエンバッペ、なぜモナコを離れた?なぜアーセナルを断った?

写真拡大

『Telegraph』は6日、パリ・サンジェルマンへの入団が決まったフランス代表FWキリアン・エンバッペ・ロタンのコメントを掲載した。

今夏のマーケットでモナコからPSGへ移籍することが決まったエンバッペ。今季はローンであるが、来年夏には1億4500万ユーロ(およそ187.9億円)+ボーナスで完全移籍になる。

レアル・マドリーやアーセナルなど多くのクラブから関心を持たれる中で、彼はフランス国内での移籍を選んだ。

その理由は何だったのか?インタビューの中で彼が答えたこととは…。

キリアン・エンバッペ・ロタン

(どれくらいのクラブが君と契約しようとした?)

「ノーコメントだよ。その一つでは、僕はスーパーサブとしてプレーすることになっただろうね!」

「僕はとても、とても幸運な選手だ。特権的な選手だよ。そして、今は天にも昇るような感じだよ。ここに座っていることに誇りを感じる。

僕は努力をしてきたし、その報酬を得た。しかし、それはこれからも頑張るための刺激になるだけさ。

努力をしたからここにいる。もしこれからも続ければ、もっと高みに昇ることができる。どこまで行きたいか?それは僕のモチベーション次第さ」
キリアン・エンバッペ・ロタン

(君はパリ近郊のボンディで育ったね?)

「ここに来ることは、家に帰るようなものなんだ。子供の時、試合を観戦するためにパルク・デ・プランスに来た。サッカーを愛する少年だった。

パリの子供なら、スタッド・ドゥ・フランスか、パルク・デ・プランスしかないんだ。それがパリを特別なものにしている。

この街には主なクラブが一つしかない。すべてのパリの子供がPSGを応援している。お金があれば、ここに来る」

(モナコを離れた理由について)

「最初にクラブと話し合いを始めた時、僕は彼らに『最優先事項はモナコだ』と話したんだ。

しかし、それから色々な事があって、僕は心を変えたんだ。そして、チームを離れたくなった。

我々は受け取ったすべてのオファーを検討して、パリ・サンジェルマンに加わることを決めた。

なぜなら、このプロジェクトが僕の成長を助けてくれるはずだし、タイトルも獲れるからね。もちろん、まだ学びたいと思っているが、勝ちたい。今日からそれが始まるよ」

(アーセナルの噂もあったけど?)

「そうだね。素晴らしい監督であるアーセン・ヴェンゲルと会ってきたよ。

彼はフランスでとても評判がいい人物だ。とても尊敬されているし、若い選手の育成を熟知している。

それは現実的な選択肢だった。しかし、もちろんパリ・サンジェルマンがメインの選択肢だったけどね。

我々はすべてのクラブのメリット、そしてデメリットを検討した。家族は『お前が決断しなさい』と言ったよ。そして、僕が一つを決める必要があった。

それは長い時間を必要としたよ。そして、僕は成長するためにここに来ることを決めたんだ」