7日、自民党の宮沢洋一税制調査会長は、通常の紙巻きたばこより税負担が軽い「加熱式たばこ」の増税について、2018年度税制改正で検討すると表明した。共同通信が報じた。

 また、所得税改革については年内に一定の方向性を出すことに意欲を示した。

加熱式たばこの増税検討 所得税改革は年内に方向性(共同通信)