『宗像ミアーレ音楽祭2017』で演奏するバイオリニスト・米元響子さん

写真拡大 (全2枚)

10月7日(土)・8日(日)の2日間、宗像ユリックスハーモニーホールで開催される『宗像ミアーレ音楽祭2017』。今回、10月8日(日)に九州交響楽団と共演するバイオリニスト・米元響子さんにインタビューしました。

米元 響子さん

鑑賞のポイントを教えてください。

今回演奏するのはポピュラーな名曲ばかりです。なかでも戯曲からの選曲を多くしたのは、その音楽が描く「ストーリー」を想像できると思ったから。物語の情景や登場人物の心情をイメージしながら聴いてみると、音楽がよりいっそう深く心に響くはずです。

バイオリンの魅力は?

指の運びで音を「作れる」ところです。それぞれのバイオリンごとに奏でる音が違うし、演奏する環境によっても聞こえ方が変化します。ある時は女性の高い声、またある時は男性の朗々とした声で、泣いたり、笑ったり、怒ったり。表情ゆたかな音色をお楽しみください。

【宗像ミアーレ音楽祭2017 九響と散策する名曲の小径 〜ジュビレーション!女神たちと祝祭の瞬間〜】

■期間

10月7日(土)開演 17:00/10月8日(日)開演 15:30

※各30分前開場 ※未就学児童入場不可

■場所

宗像ユリックスハーモニーホール

※チケット料金・プログラムなどの詳細は宗像ユリックスのホームページを参照

■お問い合わせ

宗像ユリックス事業部

TEL.0940-37-1483

Profile

バイオリニスト/米元 響子さん

1984年生まれ。1997年パガニーニ・コンクールにおいて史上最年少13歳で入賞。2012年からはオランダ・マーストリヒト音楽院教授を務めている。