画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年9月6日(現地時間)、同社のパブリッククラウドであるMicrosoft Azure上で、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの開発・展開を行うAzure App Serviceから利用するApp Service on LinuxとWeb App Containersが、一般提供版(GA)に達したことを公式ブログで明らかにした。Azure App ServiceはAzure上のPaaSとして、WindowsやLinux、そしてDockerイメージも完全サポートに至り、同社によれば100万以上のクラウドアプリケーションを提供している。

App Service on LinuxがGA化したことで、ASP.NET CoreやNode.js、PHPやRubyなどのビルトインイメージをLinux上で利用できるため、開発者は環境構築に時間を割くことなく、アプリケーション開発に集中できる。さらに管理が必要な場合はSSHを追加してリモートアクセスし、詳細設定が可能。またWebアプリケーションに対しても、WordPressやJoomla、Drupalを含んだパッケージが、Azure Marketplace経由で利用できる。

Web App for Containersは、コンテナイメージをDocker HubやAzureコンテナレジストリ、もしくはプライベートレジストリにプッシュすることで、コンテナ化したアプリケーションを数秒で実稼働が可能。展開オプションはコマンドラインの他、Azure Resource Managementテンプレートも用意している。Microsoftは今回のGA化に伴い、「CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)と直感的なスケーリングを提供する」とアピールし、利用をうながした。

阿久津良和(Cactus)