画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ポケットチェンジはこのほど、外国硬貨・紙幣を電子マネーなどに交換できる「ポケットチェンジ」の専用端末を、「大阪ジョイテルホテル」および「関空ジョイテルホテル」へ設置しサービスを開始した。

「ポケットチェンジ」サービスは、海外旅行で余った外貨を専用端末に投入することで、その場ですぐに、自国で使える電子マネーや各種ギフト券等に交換できるというもの。メールアドレスや電話番号の入力も不要のため、個人情報も取り扱わず、簡単で安心安全な取引が可能となっている。

対応通貨は、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円となっており、日本人旅行者の余った外貨はもちろんのこと、訪日外国人の余った日本円も交換することが可能。交換先サービスは、WAONや楽天Edy、Amazonギフト券、LINEギフトコード、WeChat(微信)、楽天スーパーポイント(「台湾楽天市場」でのみ利用可能)など約20種類。対応言語は、日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語となっている。

今回は、すでに設置されている「羽田空港国際線ターミナル」「福岡空港国際線ターミナル」「歌舞伎城」に加え、新たに、ホテル業界並びに関西エリア初となる「大阪ジョイテルホテル」および「関空ジョイテルホテル」に設置された。