ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、イギーとの怖美しいコラボを公開

写真拡大

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーことダニエル・ロパティンが、イギー・ポップをフィーチャーした「The Pure And The Damned」のミュージック・ビデオを公開した。

◆「The Pure And The Damned」ミュージック・ビデオ

同曲は、映画『Good Time』(2017年)のサウンドトラックでもあるワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの8枚目のスタジオ・アルバム『Good Time Original Motion Picture Soundtrack』に収録。映画のエンディングで流れる。

ミュージック・ビデオは、映画同様、ジョシュア & ベン・サフディ兄弟が監督。CGIヴァージョンのイギーに、主演俳優のロバート・パティンソンとベン・サフディが出演し、愛と死について語るイギーの厳かなヴォーカルとダークな映像が融合した怖美しい作品となった。

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーは、この『Good Time Original Motion Picture Soundtrack』で、5月に開かれた第70回カンヌ国際映画祭でカンヌ・サウンドトラック・アワードを受賞した。

映画『Good Time』は、日本で11月に公開予定。

Ako Suzuki