バルサにW杯出場危機アルゼンチンの“飛び火”!? 大陸間PO出場ならメッシら主力欠場の可能性も

写真拡大

大陸間プレーオフに回れば、リーガ第11節の試合には出場が不可能に

 ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選でフォーカスされているのは、FWリオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表の絶不調ぶりだ。

 残り2試合の段階で大陸間プレーオフに回る5位と低迷しているが、万が一プレーオフに回った際にはメッシらが所属するバルセロナなどが“飛び火”を受ける可能性があるという。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 南米予選は16試合を消化し、残すところ2試合。3位コロンビアから8位エクアドルまで勝ち点6の中に6チームがひしめく空前絶後の大混戦となっている。この状況を引き起こす“主役”となっているのはアルゼンチンで、今回の国際Aマッチウィークで敵地ウルグアイ戦、ホームで最下位ベネズエラ戦と2戦連続ドローに終わり、危機から抜け出すことはできなかった。

 現状はW杯出場圏外である6位チリとの勝ち点差もわずか1と予断を許さない状況だが、5位のまま予選を終えるとオセアニア代表のニュージーランドと大陸間プレーオフを戦うことになる。第1戦が行われるのが11月6日となっているが、ここで問題となってくるのがリーガ・エスパニョーラとの日程の兼ね合いだ。

 リーガ第11節は11月5日に開催予定となっているが、各国代表に拘束されるとなればこの節の試合出場は不可能。そこで同紙は、この節で出場不可となる可能性がある選手を列記しているが、一番影響を受けそうなのがバルセロナ対セビージャの強豪対決だ。

メッシとマスチェラーノを欠くことも…

 リーガ屈指の強豪であるセビージャはDFニコラス・パレハ、MFエベル・バネガ、MFホアキン・コレア、MFグイド・ピサーロとアルゼンチン代表を多く抱えている。ただ、バルサの場合は代表、クラブシーンの両方で大黒柱のメッシ、そして守備能力に長けたMFハビエル・マスチェラーノを失う可能性があるとしている。

 なおバルサの場合、アルゼンチンが当該チームにならなかったとしても、FWルイス・スアレス擁するウルグアイが5位に転落した場合は出場できなくなってしまう。国際Aマッチウィーク後に長距離移動を強いられてコンディションを落とすことを“FIFAウイルス”と呼ぶ声も多いが、大陸間プレーオフとなると試合にすら出られない状況だ。バルサをはじめとした各クラブは、各国の戦いぶりをただ見守るしかない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images