D・コスタ、チェルシー退団のラストチャンス? ベシクタシュが関心か

写真拡大

 チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタにトルコ1部リーグのベシクタシュが関心を示しているようだ。同日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 昨シーズン終了後、D・コスタはチェルシーの指揮官であるアントニオ・コンテ監督に構想外を伝えられた影響から、チームには合流せずに移籍先を探し続けてきた。D・コスタ自身は古巣であるアトレティコ・マドリードへの復帰を望んでいた。しかし、アトレティコがFIFA(国際サッカー連盟)から1月まで補強禁止処分を受けていた影響もあってか、交渉はうまく進まず、期限内に移籍先を見つけることができていなかった。そのため、D・コスタは2018年1月から始まる冬の移籍期間まではチェルシーに残留することが決定的となっていた。

 そんなD・コスタにとって、最後の移籍先候補として浮上したクラブがベシクタシュだ。トルコリーグの移籍期限は9月8日までとなっており、他のヨーロッパ諸国の移籍期限が終了した後でも選手の獲得が可能となっている。ベシクタシュはD・コスタを1年間のレンタル移籍で獲得することを画策しているという。

 D・コスタは今シーズンのチェルシーにおいて、チャンピオンズリーグの登録リストからは外れたものの、プレミアリーグの登録リストには含まれている。ベシクタシュは今後正式な獲得オファーを提示する模様となっているが、D・コスタの去就はどのような結末を迎えるのだろうか。