長嶋一茂、落書き騒動の犯人について「さんまさんだと思った」

写真拡大

タレントの長嶋一茂が、9月6日に放送された『良かれと思って!』(フジテレビ系列、毎週水曜22:00〜)にゲスト出演。落書き騒動について語った。

同番組の人気コーナー“世間の声を伝えさせて頂きます”は、視聴者が思う“良かれと思って言ってあげたいこと”を直接ゲストにぶつける企画。長島には辛辣な意見がぶつけられ、真摯に答えていくことになった。

“壁に『バカ』と落書きされていたが、たしかに賢そうには見えない”という声に対して、MCの劇団ひとりは「どうだったんですか? ご本人にお会いしたんですか?」と、元女優が自身のマネージャーに指示して長嶋の自宅の壁に落書きさせた……と報じられた騒動について真相を追求される。長嶋は「(会ったっていうのは)マネージャーさんのことでしょ?」とトボけると、ひとりはハッキリと「ボス」と返答。長嶋は「会っていないよ」といい弁償も求めていないことを明かした。

この件について長島は「何とも思っていない。最初はさんまさんだと思った。“バカ息子”と言うのさんまさんだけだったから、わざわざさんまさんがウチに来て“バカ息子”って書いてくれたのかと思った」と当時の状況を語った。MCのバカリズムから「でも落書きを見て“ウチに息子いないけどなぁ”と思ったらしいじゃないですか」とツッコまれると、長嶋は認めたうえで「あれ俺のことだったんだみたいな」と返してスタジオを笑いに包んだ。

この他、元モーニング娘。の福田明日香が離婚理由について真相を激白。福田は「芸能活動する上で、理解してもらおうと思ったけど、元夫を説得しきれなかった」と明かし、さらにもともとやっていたバンド活動も元夫は納得していなかったと述べた。ひとりが「何で旦那さんは良しとしなかったんですか?」と理由を聞くと、福田は「売れてないからです。普通に会社員として生計を立てるのが常識(という考えだった)」と元夫の思いを説明。バカリズムは「一般の嫁さんが急に“バンドやりたい”って言ったら“え?”ってなるよね」と男性側に理解を示していた。