日本航空(JAL)は、9月5日の東京/羽田発ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ行きのJL006便(ボーイング777-300ER型機、機体番号:JA743J)が、離陸中に左エンジンに不具合が発生したため引き返したトラブルで、国土航空省航空局は重大インシデントに認定した。

JL006便は、乗員18人と乗客233人の計251人を乗せ、午前10時41分に羽田空港を出発。午前11時にC滑走路を離陸した際に左エンジンに不具合が発生したため、左エンジンを停止し、緊急事態を宣言。燃料を投棄し、A滑走路に午後0時9分に着陸し、自走した上で午後0時13分に908番スポットに到着した。到着後の検査で、エンジンのタービンブレード、ケースに損傷等が確認されたため、国土航空省航空局は重大インシデントに認定した。