デル ポトロ、激闘の末フェデラーに勝利[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第24シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が対戦。終始互角でヒートアップした試合は、デル ポトロが7-5、3-6、7-6(8)、6-4でフェデラーを破った。

試合前までの両者の過去の対戦成績は、フェデラーからみて16勝5敗。2009年の全米オープン決勝戦の再現となった。その時はフルセットの末デル ポトロが優勝を飾っていた。

第1セット、立ち上がりからどちらも状態が良く、ブレークチャンスをお互いに与えずにサービスキープが続く。しかし5-5でむかえた第11ゲーム、フェデラーがこの試合初めてダブルフォルトをおかし、ブレークチャンスを握られる。デル ポトロはこのワンチャンスをものにしてブレークに成功し、デル ポトロが7-5で第1セットを先取した。

続く第2セット、フェデラーが調子を上げ、第4ゲームでラブゲームでブレークに成功。拮抗が続くも、フェデラーはこのリードを守りきって6-3でこのセットを制した。

セットカウント1-1のイーブンで迎えた第3セットは、先に第3ゲームでデル ポトロがブレークに成功するも、第7ゲームでフェデラーが追いつき、この試合初のタイブレークに突入。タイブレークでもお互い3度ミニブレークするなど互角の戦いとなったが、最後はデル ポトロが7-6(8)でものにした。

続く第4セットでも白熱した戦いが続いたが、デル ポトロが第5ゲームでブレークし、最後は6-4で勝利を決めた。2009年の決勝を彷彿とさせる戦いは、今回もデル ポトロに軍配があがった。

フェデラーの今年のグランドスラム連勝記録は18で途絶え、ラファエル・ナダル(スペイン)との全米オープン初対戦はおあずけとなっている。

勝利したデル ポトロは準決勝でナダルと対戦することが決まっている。

(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」で激闘の末フェデラーを破ったデル ポトロ
NEW YORK, USA - SEPTEMBER 6: Juan Martin del Potro of Argentina competes against Roger Federer of Switzerland (not seen) in Men's Singles tennis match within the 2017 US Open Tennis Championships at Arthur Ashe Stadium in New York, United States on September 6, 2017. (Photo by Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty Images)