初代ジュリアの血統を受け継いだ新型ジュリア発表!

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、高性能スポーツサルーン「Alfa Romeo Giulia(アルファロメオ・ジュリア)」を2017年9月6日に発表する。

アルファロメオの代表的なモデル

長く輝かしい歴史を持つというアルファロメオの"過去"と"現在"をつなぐモデル。

1962年に登場した初代ジュリアは、当時稀だった空気力学を取り入れたボディに最先端のDOHCエンジンを搭載し、その優れた走行性能が高く評価され、後世にも語り継がれるアルファロメオの代表的なモデルとなった。

新型ジュリアは初代の血統を受け継ぎ、次世代を見据えた新設計FRアーキテクチャーを採用。クラスをリードする高い走行性能とドライバーの心を揺さぶるドライビングエクスペリエンスにこだわった。その結果、50:50の理想的な重量配分とFRスポーツサルーンらしい上質な操縦感覚、さらに、クラストップのパワーウエイトレシオを搭載した。

デザインは独創的でありながらシンプル、そしてダイナミックなボディはフロントの短いオーバーハングにより強調されている。

9月6日の発表ではジュリアシリーズの全貌が明らかになるという。