『YOSHIKICHANNEL』で対談した、HYDEとYOSHIKI

 HYDE(L'Arc〜en〜Ciel/VAMPS)が6日、X JAPANのYOSHIKI(Dr、Piano)によるニコニコ生放送『YOSHIKICHANNEL』に特別ゲスト出演した。2人がメディアで対談をおこなうのは初めて。YOSHIKIが5月におこなった頚椎人工椎間板置換手術後に、初めて食事をしたのはHYDE。YOSHIKIは弱気になっていた自分が励まされ、「復活に向かっていかなくては」と決意させたことを改めて口にした。

 現在、開設2周年を記念したスペシャル番組を、8日間に渡り放送中『YOSHIKICHANNEL』。6日の放送ではHYDEが特別ゲストとして登場。2016年10月に開催された『VISUAL JAPAN SUMMIT』でのコラボレーション、そしてVAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2016』でのYOSHIKIのサプライズ出演など、公私ともに親交の深い2人がメディアで初めて対談をおこなった今回の放送。

 荘厳な雰囲気を持つ都内の教会を貸し切りおこなわれ、音楽界で確たる地位を築いた2人が本音で語り合う、歴史に残る貴重な回となった。

 5月に実施されたYOSHIKIの頚椎人工椎間板置換手術。実はHYDEはその手術後、ロサンゼルスで初めてYOSHIKIが食事をした相手である。当時YOSHIKIのインタグラムにアップされた2人の写真は大きな話題を呼んだが、HYDEは番組の中でも、術後すぐの痛々しい状態を目の当りにした時の様子を振り返りながら、回復に向かっている現在のYOSHIKIを目の前に嬉しそうな表情を見せた。

 YOSHIKIの口からは、あの時弱気になっていた自分がいかにHYDEに励まされ、「復活に向かっていかなくては」と、強く決意するきっかけとなったか、という事などが語られた。

 また放送中には首の傷口に話がおよび、YOSHIKIがHYDEに傷口を見せるために、毎日着用していたプロテクターを公の場では初めて外す一幕も。HYDEはいまだ痛みや人工椎間板への違和感と戦っているYOSHIKIの話を、心配そうに見つめながらも優しく耳を傾け、2人が深い信頼関係で結ばれていることが垣間見えた。

 この日のトークはお題となるテーマが書かれたカードをお互いに引き合う形で進められ、2人の幼少期の頃の話や、音楽の道に進む事になったきっかけの話、またリリースが待たれる待望のX JAPANのアルバムの話が語られた。

 そして日本人男性初の表紙を飾った事で大きな話題となっているVOGUE JAPANの話など、盛りだくさんのテーマでトークは展開されていった。

 「8DAYS・2周年記念SP」は、8日にX JAPANの盟友Toshl、そして9日には、清春(黒夢/sads)と元メガデスのギタリストであるマーティ・フリードマンがゲストで登場する。