【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

写真拡大 (全10枚)

任天堂の公式サイト「マリオポータル」にて、マリオが実は配管工をやめていたことが明らかになり、インターネット上でにわかに話題になっていました。確かにマリオと言えば配管工のイメージ……ですが、ちょっと待ってください! よくよく考えれば、マリオは実にたくさんの仕事をこなしてきたのです。

今回は、マリオがこれまでゲームタイトルで経験した意外な職業をご紹介します。医者から悪役、そして棒の操作役というよくわからない職業まで、本当にいろいろな経験を積んできたスーパーヒーローなのです。

◆ブロック崩しの棒を操作する仕事
https://youtu.be/BVp3lslfnZc

ゲームボーイのローンチタイトル『アレイウェイ』は、ものすごくシンプルなブロック崩しです。特徴があるとすれば、それは「ブロックを崩すためのボールを跳ね返す棒に乗っているのがマリオ」ということ。そう、あの棒はマリオが操作していたのです。

もし仮にゲームオーバーになってしまうと、マリオはなんと棒から飛び降りてその身を投げてしまうのです。強靭な足腰を持つマリオならば高いところから飛び降りても問題はないでしょうが、それにしてもボールを落としたからといって投身してしまうとは……。マリオ、実は癇癪持ちなのでしょうか?

◆テニスの審判
https://youtu.be/9RsTH6Fp5AE

こちらは有名でしょう。ファミリーコンピュータの『テニス』では、マリオが審判を担当しているのです。いつもはステージ上を駆け回っているマリオですが、審判台に座る姿も意外とサマになっています。判定も信頼できそうですね。

このころのマリオはまだものすごく有名というわけではなかったでしょうから、こういった細々とした仕事を掛け持ちする必要があったのかも? ちなみにマリオはいろいろなスポーツにも手を出しています。

◆プロ(?)ゴルファー
https://youtu.be/TTQNIsB611I

ニンテンドー3DSの『マリオゴルフ ワールドツアー』などのシリーズが続いているように、今やすっかりマリオがゴルフをやっているのはおなじみになっています。はじめてゴルフに挑戦したのはディスクシステム『ゴルフJAPANコース』で、ファミリーコンピュータの『マリオオープンゴルフ』なども有名でしょうか。

趣味でやっているのか仕事でやっているのかの判定は怪しいところですが、ゴルフの腕前はかなりのもの。ここまで来るともはや単なる配管工とは言えなさそうですね。

◆プロスポーツ選手
https://youtu.be/XtUDs8q1NwY

そして、マリオはソニックと共にオリンピックにすら挑戦していますよね。『マリオ&ソニック AT 北京オリンピック』に始まり、ロンドンやリオのオリンピックにもゲーム作品として参加。次の東京オリンピックにも登場してくれるでしょうか?

マリオたちが参加している競技は、マラソン・水泳・馬術・卓球・新体操など実にさまざま。そのどれも世界レベルというわけですから、これはもうとんでもないことです。我々はマリオを侮りすぎていたかも。

◆医者としてのマリオ
https://youtu.be/KNa52U8nyUE

オリンピックに比べると地味かもしれませんが、それでも十二分にすごいのが医者としてのマリオ。そう『ドクターマリオ』です。ドクターマリオは『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにも出演しているので、これはご存知の方も多いでしょう。

カプセルをポイポイと投与してバイ菌をどんどんやっつける姿は……、「これが医者なのか?」と思うかもしれませんが、たぶん医師免許は持っているでしょう。おそらく……。

◆クッキー職人&皿入れ替え職人
さらにマリオはクッキー職人でもあります。ファミリーコンピュータ『ヨッシーのクッキー』では、クッキーを並べて消すという職人芸を我々に見せつけてくれるのです。……これもクッキー職人として考えると少し奇妙ですが。