メルカリがシェアサイクル事業参入へ、2018年初頭に「メルチャリ」サービス開始を目指す

写真拡大

 メルカリが9月7日、オンデマンドシェアサイクル事業参入の検討を開始すると発表した。サービス名称は「メルチャリ」。今後は検討を重ね、早ければ2018年初頭に事業を開始するという。
 シェアサイクル市場は中国を中心に急速に拡大中。「モバイク(Mobike)」「オッフォ(ofo)」の2社が中国から上陸するなど、日本でも広がりを見せている。メルカリでは子会社のソウゾウが運営を担当し、リアルでのシェアリングエコノミーの促進を目指すといい、フリマアプリ「メルカリ」とも連携していく可能性があるという。事業を開始した場合は、都市部からスタートする予定。