SABU監督最新作『ミスター・ロン』12月公開決定 チャン・チェンが鋭く睨むメインカットも

写真拡大

 第67回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品された映画『Mr.Long/ミスター・ロン』が、12月に公開されることが決定した。

参考:『クーリンチェ少年殺人事件』主演チャン・チェンが語る、ヤン監督たちと過ごした日々

 本作は、台湾の腕利きの殺し屋ロンが日本での任務に失敗し、追われた先の村で少年ジュンと母リリー、そしてちょっと変わった村人たちと出会い、徐々に人間らしさを取り戻す模様を描いた“ハートウォーミングバイオレンスストーリー”。

 主人公のロンを演じるのは『クーリンチェ少年殺人事件』をはじめ、『グリーン・デスティニー』『レッド・クリフ』などに出演してきたチャン・チェン。心閉ざした少年ジュン役をオーディションから選ばれたバイ・ルンイン、ジュンの母親役を中国テレビドラマなどで活躍するイレブン・ヤオが務める。そしてリリーの過去の恋人・賢次を、『たたら侍』で主演を務めた劇団EXILEの青柳翔が演じる。『弾丸ランナー』『アンラッキー・モンキー』『蟹工船』のSABUが監督を務める。

 日本語を喋れない殺し屋ロンを演じた主演のチャン・チェンは、10人のヤクザと対峙するシーンで、流れるようなナイフさばきをスタントなしで披露。そのナイフさばきは本作でたびたび描かれる調理シーンにも表れ、手際よく料理するチャン・チェンの貴重な姿も映し出される。公開されたメインカットでは、鋭い眼光を向けるロンの決意とも怒りとも取れる表情が捉えられている。(リアルサウンド編集部)