シンギュラリティ・ビジネスとは何か?

写真拡大

現在、ビジネスにおいて必要とされるスキルは多く存在します。コミュニケーションスキルといった基本的なことはもとより、最近ではシンギュラリティ・ビジネスといった言葉も生まれています。

何を意味するものか?

果たしてシンギュラリティ・ビジネスとは何を意味するものなのでしょうか。齋藤和紀による『シンギュラリティ・ビジネス:AI時代に勝ち残る企業と人の条件 』 (幻冬舎新書)では、その実態について概説がなされています。シンギュラリティとは、技術の進化のスピードが無限大になることによって、人間の能力が根底からくつがえってしまうほど変化してしまう現象を指します。いわば、コンピューターやロボットがなんでも仕事をしてくれるようになる、その時に、人間の仕事はどうなっているのかという問いですね。その年度は2045年と予測されています。30年を切っていますから、決して遠い未来の話というわけではありませんよね。

何をすべきか

シンギュラリティが達成された世界では人間は働かずして生きていられるといわれます。しかし、仕事、労働は人間にとって生きがいの一つでもあります。その時に生き残る仕事とは果たしてどのようなものなのか。本書では、どんな仕事がAI社会において人間の仕事として生き残るかについて解説がなされています。生き残る戦略を得るための、未来予測の書としても読むことができるでしょう。