ドイツの自宅で「リトル・ブリテン」、英樹木医がユニークな展示

写真拡大

[KRETZHAUS(ドイツ) 5日 ロイター] - ドイツ在住の英国人樹木医ゲイリー・ブラックバーンさん(53)が、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定以来、ボンの南方30キロの町にある自宅で英国にまつわる独特の展示を始めている。

今回は、赤い公衆電話ボックスと等身大のエリザベス女王の像を展示している。

ブラックバーンさんはロイターに「ブレグジットが決まったとき、ここドイツに私の『小さな英国』を作ろうと決めた」と語った。

ブラックバーンさんは32年前にドイツに転居。昨年6月にブレグジットが決まってから始めた収集品で「リトル・ブリテン」と名付けた展示を行っている。展示品には、ミスター・ビーンのテレビ番組に使用されたミニカーなども含まれている。