ママタレントさんたちの中でもキャラ飯マスターとして君臨する辻希美さん。そのキャラクターのクオリティーがすごいと話題になっています!

目玉焼きはリアルぐてたまを忠実に再現





tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -



「朝」という自身のインスタにはこんがりと焼いたトーストに添えられた、目玉焼きの上にゴマと海苔でぐてたまの顔をかいた、ぐにゃっとかわいいリアルぐでたまのキャラ朝食。パセリを振り、レタス、バナナとたこさんウインナーもで色合いも鮮やか。ぐでたまの上にはローマ字で「OHA-」(おはー)と書いてあり、茶目っ気満載に。しかし子どもたちには好評…とは言えないようで、「子ども達はスルー」「自己満」「簡単だからよしとしよう」と、辻さんが自身がキャラご飯作りを楽しんでる様子。





tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -



また「焼きそば」とのインスタには、具沢山のおいしそうな焼きそばの写真にこれまた目玉焼きで作ったリアルぐてたま。ちょっとやる気のなさそうな顔も忠実に再現しているのもすごいです。またこのぐてたまはハムで作った大きなリボンを爪楊枝で刺してつけており、見た目の可愛さも忘れない仕上がりに。

スヌーピーは大のお気に入り





tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -





tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -





「スヌーピー卵」とのインスタには、卵に海苔でスヌーピーの顔を描いた卵を披露。目の部分は黒ゴマを乗せています。これだったら簡単に真似できるかも?辻さんはこの卵を夕飯のドライカレーの横に添えていました。子どもたちもよろこんでペロリと食べちゃいそうですね。



tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -





「おやつに今日は、スヌーピーのみたらし団子ときな粉団子を作りました」とのインスタには白玉団子で作ったスヌーピーフェイス。みたらしときな粉の上でぷかぷかと優雅に浮いているよう。辻さんは「楽しい」とご満悦。



tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -





また「夕飯」とのインスタには、今回はご飯をスヌーピーの顔型に。スヌーピー型のご飯に、丸めたご飯を海苔でまいた鼻をくっつけ、目と口も海苔でのスヌーピーの顔に。その周りにたっぷりのカレーを添え、星形の人参を飾り、まるで漫画の一コマのようなカレースヌーピーライスに。

男の子が大好きなポケモンもばっちり





tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -





tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -





「食べれるモンスターボール」とのインスタには、トマトとうずら卵で作ったという串刺しにしたモンスターボールが。これならトマト嫌いな子どもも食べられちゃうかも?その後「夕飯はピカチュウオムライス」との写真には、オムライスをピカチュウの形にして黄色い卵で覆い、耳は薄焼き卵をクルクル丸めて作成。顔をかき本物のピカチュウそっくりに仕上げています。横には先ほどのトマトうずら卵のモンスターボールを添えて、もう夕飯だけで一つのストーリーができてしまいそうです。



tsujinozomi_officialさん(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 -



「今日はモンスターボール弁当」とのインスタには、ポケモンのモンスターボールをお握りで作るという神業を披露。海苔とかにかまと思われる赤色でモンスターボールの色を再現。お弁当箱の蓋を開けたときのインパクトは大ですよね。

皆でわいわいご飯を食べたい時にもキャラ飯は大活躍。見ても楽しく、食べても美味しいのでぜひ参考にしてみてください。

外部サイト