シンデレラ城前にミッキー&ミニーの仮装500人

写真拡大

東京ディズニーランドは9月7日、ハロウィーンイベントを初めて開催して20周年を迎えることを記念して、開園前にミッキーマウスとミニーマウスの仮装をしたゲスト約500名がシンデレラ城前に大集合する特別企画を初めて実施した。

開園前のパークに集合したゲストは、それぞれがミッキーマウスとミニーマウスの仮装をして臨み、ミッキーマウスとミニーマウスが登場すると大歓声。一緒にミッキーマウスマーチを踊ったり、記念撮影をしたりと大いに盛り上がった。

愛知県から来たという神谷綾乃さんは、娘の千晴ちゃんとおそろいのミニーマウスの衣装を自身で手作りして参加。「ずっと楽しみにしていて、ミッキーたちに近くで会えたときは泣きそうなほど嬉しかった」と興奮冷めやらぬ様子だった。千晴ちゃんも「ダンスが難しかったけれど、とても楽しかった」と嬉しそう。

9月8日から始まる秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」。今年は、初めて東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの両パークで、10月31日までは毎日、ディズニーキャラクターのフル仮装をして入園できる。また、「ディズニー・ハロウィーン」の開催期間を4つに分け、期間ごとに特定のディズニー仮装のテーマを設定した「ディズニー仮装デイズ」も今年初開催。仮装をして入園したゲストには、オリジナルカードをプレゼントする。