「14秒」差で移籍破談…レスター獲得発表のA・シルヴァ、所属が不透明に

写真拡大

 レスターが獲得を発表していたポルトガル代表MFアドリエン・シルヴァの登録申請が国際サッカー連盟(FIFA)によって退けられた。イギリスメディア『BBC』が6日に報じている。

 同メディアによると、レスターと所属元であるスポルティングは同選手の移籍に合意していたが、FIFAへ提出する書類の到着がわずか「14」秒遅れたため、登録申請を拒否することになったそうだ。

 移籍市場の最終日にイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターをチェルシーへと売却したレスターは、代役として獲得したはずのA・シルヴァの登録を目指して動いており、FA(イングランドサッカー協会)もレスターを手助けする方向でFIFAと調整を行っているという。しかし、FIFAの決定はレスター、FAの両者に聞き取りを行った上で規則に照らし合わせた判断であり、登録許可が下りることはない、という見方が強い。

 またスポルティングの会長は「A・シルヴァの移籍はすでに完了している。レスターが解決策を見出すことを願う」と同選手はレスターの選手であると強調。レスターも登録ができていないので、選手の所属が“宙ぶらりん”になるのでは、と同メディアは指摘している。