中国代表、2022年W杯での逆襲へ 米メディアが「強化5か条」を提言 鍵はリッピ監督の慰留

写真拡大

アジア最終予選は5位で終了も、名将リッピ就任後は3勝2分け1敗で勝ち点11を奪取

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループAは1位イラン、2位韓国が本大会の出場権を獲得、3位シリアがグループB3位のオーストラリアとのプレーオフに臨むことになった。

 その中で5位に終わった中国は、前半戦で大きく出遅れながらも最終戦までプレーオフ進出の可能性を残した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」はその立役者であるマルチェロ・リッピ監督の留任など、強化のための“5か条”を提言している。

 中国は5日に行われた同予選最終戦、敵地カタール戦で2-1の勝利を飾った。しかし、前半戦5試合で2分け3敗とスタートダッシュに失敗したことが大きく響き、2002年の日韓W杯以来2度目となる予選突破はならなかった。

 それを受けて、同局は軸となるストライカーの確立、長年にわたって中軸となっている37歳の主将MFテイ・チの後継者と平均年齢30歳オーバーのスタメン変更など5つのポイントを挙げている。最も強調されているのは、リッピ監督の留任だ。

 中国は2次予選もギリギリで突破するなど、チームとして成熟していない状況だった。しかし、最終予選途中で世界屈指の実績を持つ指揮官が就任すると、ホームで韓国に1-0で勝利するなど6試合で3勝2分け1敗、勝ち点11を稼いだ。同局はこの事実に賛辞を送っている。

群雄割拠で生き残るには勢いの維持が課題

「イタリア人指揮官は、決してタレントの“深いプール”に恵まれていたわけではなかった。しかし、これまで中国代表で真の能力を発揮したことのないベテラン勢を最大限に生かすスタイルを見出した。多くの人が広州恒大のリッピを見ていたが、彼らはここまでリラックスし、自信を持ったグループを見たことはほとんどなかった」

 一方で、記事ではアジア勢力図の変遷についても言及。「以前はオーストラリア、日本、韓国がトップを走る構図だったが、UAE、ウズベキスタン、カタールが同地域の有力候補になるとは予想できなかった。シリアとイラクは政治情勢によって難しい状況ながら、イランは現在アジアで優れたチームだ」と群雄割拠の様相を呈していることにも触れている。

 予選敗退となった中国。“5か条”の最後のポイントとしては「勢いを維持することが最大の課題」と、長期的な強化が試されるとしている。“眠れる虎”は2022年のカタールW杯に向けての新たなプロセスを歩むことになるが、果たしてリッピ監督の下で次回予選は日本の前に立ちはだかることになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images