好きな男性とはいずれは結婚をしたいと感じるでしょうが、男性にその気がなかったらなかなか進展もしないはず。

結婚を全く意識していない男性は、それが普段の行動にも表れたりするので、一度ちゃんとチェックしてみるといいかもしれません。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男が「結婚はまだまだ先だな……」と感じる瞬間を紹介します。

 

■「仕事」がバタバタしているとき

仕事が忙しすぎたり、仕事に夢中になっていたり、仕事が軌道に乗っていなかったり……。とにかく仕事の状況が落ち着いていないときは、頭の中には仕事のことばかりになるので、とても結婚のことなど考えられません。

特に、男性は結婚したら家庭を守らなければいけないという思いが強くあるので、仕事が順調にいっていないときは、絶対に結婚する気にはなれないでしょう。

そういった場合は、健気に支えてフォローしてあげることに専念すると、「いずれは奥さんにしたい」と思ってもらえるはずですよ。

 

■「お金」を自由に使えるとき

結婚をするにあたり、男性が一番頭を悩ませる問題が“お金”です。一家の大黒柱になるので、「ちゃんと家族を養っていくだけのお金を稼がなければならない」という思いは重くのしかかってくるものです。

またそれと同時に、「自分が自由に使えるお金が少なくなる」という思いも頭をよぎります。今のように自分の好きなものを好きなときに買えなくなるかもしれないと感じると、結婚はまだできないという気持ちにもなってしまうのでしょう。

 

■女性からそこそこ「モテる」とき

結婚をしてしまうと、「もう女遊びもできなくなる」という思いも、男性には少なからずあったりします。別に実際に色んな女性と遊び回っているような男性でなくても、なんだかちょっと寂しい気持ちになったりもするものなのです。

だからこそ、女性からそこそこモテていたり、チヤホヤされることがあるときは、「まだ結婚はしたくない」という考えにもなりやすいです。

結婚を今してしまうのはもったいないという気持ちが芽生えてきてしまうのでしょう。

 

■「趣味」にハマッているとき

結婚をすると、自由な時間もなかなか持てなくなるイメージがあります。休日も家族サービスの時間になるでしょうから、自分ひとりで好きなことをする時間などは、もうほぼなくなってしまうかのように感じるのです。

没頭するような趣味を持っている男性は、それが奪われてしまうなんて考えたくもありません。ですから、休日も全て費やすくらい趣味にハマッている男性は、そもそも結婚のことなど頭の片隅にもないのかも。

その趣味に飽きるまでは、なかなか考えや行動も変わらないでしょうね。

 

男性に結婚をする気が全く見られないときは、変に急かしてしまったりすると、関係性がおかしくもなってしまうかも。

男性がどういう状況でどういう考えでいるのかを、ちゃんと見極めることも大事ですよ。

【画像】

※ baranq/shutterstock

【関連記事】

※ 我慢できない…アラサー女性がドン引きした「彼ママ」エピソード

※ 男性が「この子との結婚はないな…」と思う瞬間4つ

※ 独身時代より幸せ!? 既婚女性が「結婚してよかった!」と実感する瞬間

※ ゴールインはいつ?「結婚できない女」の習慣

※ 男が「ソッコー結婚したい!」と思う彼女の振る舞い

※ ズルズルしたくない…「結婚につながる同棲」のポイント