サウジ戦の自らの出来について、本田は「全然ダメ。何を言っても言い訳になる」と猛省した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[ロシアW杯アジア最終予選]サウジアラビア1-0日本/9月5日/キング・アブドゥラー・スポーツ・シティ

 ひとつの時代が終わりを告げるのか。サウジアラビア戦は、何かを暗示するようなゲームだった。
 
 スコアは0-0のまま前半が終わり、両チームの選手がロッカーに向かう。その中のひとり、本田圭佑は見るからに憔悴しきっていた。
 
 試合前には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「前半だけで交代すると、あらかじめ言われていた」という。コンディション面を考慮されてのことだが、決められた時間内で、しかし背番号4は目に見える結果を残せなかった。
 
 最終予選を通じて、本田の存在感は緩やかに薄れていった印象だ。代表での主戦場である右ウイングでは、久保裕也や浅野拓磨が台頭。本田がベンチを温める時間は長くなり、ワールドカップ行きを懸けたオーストラリアとの大一番では、ピッチに立てなかった。
 
 にわかに囁かれ始めた「本田不要論」。耳障りな世評を吹き飛ばすためにも、久々に先発したサウジ戦は、万全の状態でなくても、周囲を納得させる活躍が求められた。
 
 だが、サイドでマイボールにして敵と対峙しても、局面を打開するようなプレーができない。イージーなパスミスも散見され、ボール逸からピンチを招く始末。
 
 見せ場はほぼなし。憔悴しきっていたのは、酷暑の下でスタミナを搾り取られたからではなく、自らの不甲斐なさに愕然としていたからかもしれない。
 
「全然ダメ。何を言っても言い訳になる」
 
 面目を一新したかったが、むしろ不要論に拍車をかけてしまうような酷いパフォーマンスだった。
 
 そんな本田を、指揮官はどう評価したのか。
 
 すでにロシア行きを決めている日本にとり、最終予選のラストゲームとなるサウジ戦は消化試合という側面があった。新戦力を起用するなどテストの場にしても良かったが、スタメンは“ガチ”な面子が揃い、ハリルホジッチ監督は勝負にこだわった。
 
「昨夜で第二段階が終わり、第三段階が今、始まりました」
 
 オーストラリア戦から一夜明けた会見で、ハリルホジッチ監督はチームが新たなタームに入ったことを宣言した。本大会を見据えた強化策は、いよいよ本格化されていく。本気のサウジとの真剣勝負は貴重な実戦経験となる一方で、選手の見極めもよりシビアなものになったはずだ。

【日本代表PHOTO】日本、敗れる・・サウジアラビアは3大会ぶりにW杯出場権獲得

 その意味では、勝ちにいったサウジ戦でもテストはできる。アジアを勝ち抜くためには誰が必要か、という視点ではない。より厳しい戦いとなる世界の舞台で勝つために、戦力となれるのは誰か、という選考基準に照らし合わせた時、本田は合格だったのか、それとも不合格だったのか。
 
 その判断は、少しでも早いほうがいい。本大会まで残された時間は9か月程度しかない。サウジ戦の本田は、見切りをつけられてもおかしくない出来だった。
 
 長きに渡り、日本代表を牽引してきた男は、このままフェードアウトしてくのか。
 
「試合に出続けることで、すべてを取り戻していけると。さらにパワーアップを目指していけると思っている。コンスタントに試合に出ること。まずはそこからかなと思います」
 
 自らが置かれている状況を誰よりも理解している本田は、新天地メキシコでの再起を誓った。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)