タレントの磯山さやかさんが、2017年9月1日にAbemaTVで配信されたバラエティ番組『必殺!バカリズム地獄』に出演。タクシーに関する鬼ギレエピソードについて明かしました。

理不尽なタクシー運転手の言動に、磯山さんの不満が爆発してしまいます!

「近くて申し訳ないです」と伝えたら

『必殺!バカリズム地獄』はさまざまな職業の女性から寄せられた『鬼ギレエピソード』を紹介していくという番組です。出演した磯山さんは、タクシーに乗った時の運転手とのやりとりを紹介しました。

磯山さんは最近、近距離でもタクシーで移動することが多いのだそうです。

タクシー運転手に「近くて申し訳ないんですけど…」と、謝罪したことがあると語ります。

すると、運転手からはこういった言葉を返されたというのです!

遠くて申し訳ないっていってほしいけどな〜。

必殺!バカリズム地獄 ーより引用

まさかの、嫌味なひと言。磯山さんは、苛立ってしまったそうです。

ほかにもタクシーを止める際、明らかに目が合っているのに、そのままスルーしていく運転手がいることにも磯山さんは腹を立てていました。

こういったタクシーの運転手に遭遇したことは、ほかの出演者も経験があるとのことです。

バカリズムもあり得ない出来事を告白

番組MCのバカリズムさんも、自身が経験したタクシーでの『鬼ギレエピソード』について紹介。

少し遠めの目的地に向かいたいのに、なかなかタクシーが捕まらなかったことがあったそうです。

そして、やっとの思いでタクシーを見つけ、乗車。目的地を伝えると、予想外の返答が運転手さんから返ってきたそうです。

この後、私、昼休憩入るんですよ。

だから、1メーターくらいのパパっと行けるところだったらいいけど、そこだとちょっと…。

昼休憩に食い込んじゃうから無理です。

降りてください。

必殺!バカリズム地獄 ーより引用

この後、実際にバカリズムさんはタクシーから降ろされたとのこと。

このエピソードを聞いたほかの出演者たちは「そのパターン、初めて聞いた」と、驚いていました。

視聴者の反応は?

たまに変な運転手さんいるよね。1メーターでもこっちが謝るのはおかしいよね。運転手さんにも事情はあるんだろうけど、バカリズムさんのエピソードは可哀想。昼休憩前なら、そもそも乗せるなよ。昼休憩とか客側には関係ないよね。

バカリズムさんが経験した出来事はなかなか珍しいケースでしょう。多くのタクシー運転手は、良心的な人であるはず。一部の運転手のせいで、印象が悪くなるのは悲しいことですね。

[文・構成/grape編集部]