平壌で開かれた慶祝大会=7日、ソウル(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、6回目の核実験成功を祝う集会が6日に平壌で開かれたと報じた。

 同通信は「朝鮮労働党の戦略的核兵力建設構想に従い断行した、大陸間弾道ロケット(ミサイル)装着用水素弾試験の完全成功を祝賀する平壌市軍民慶祝大会が6日、金日成(キム・イルソン)広場で行われた」と伝えた。

 集会には金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長ら北朝鮮の最高幹部がそろって出席した。

 また、核実験に関与した科学者、技術者らの関係者もこの日、平壌に招かれた。

 朝鮮中央通信は「大陸間弾道ロケット装着用水素弾試験成功に寄与した成員が6日、平壌に到着した」とし、党中央委員会の李万建(リ・マンゴン)政務局副委員長(軍需工業担当)をはじめ、党幹部らが平壌市に到着した関係者を出迎えたと報じた。