画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●旗艦ワイナリーへのメディアツアー

2017年8月、日本のワイン造りが140周年を迎えたとメルシャンがアナウンスした。140周年が長いか短いかはひとまず置いておくとして、“区切り”を迎えたことは確かだ。そのメルシャンが山梨県の拠点である「シャトー・メルシャン」へメディアツアーを開催した。

140年前といえば、1877年(明治10年)。その年にはどのような出来事があったのだろうか。もっとも有名なのは西南戦争が勃発したことだろう。そのほか、日本初の高等教育機関として東京大学が設立されたり、学習院が誕生したりと、政治、文化が激動した年だ。海外ではトーマス・エジソンが蓄音機の発明に成功している。

この年に「大日本山梨葡萄酒会社」が設立され、土屋龍憲と郄野正誠がフランスに派遣された。彼らはワインの本場フランスで、苗木づくりや醸造、貯蔵の技術などについて学び、1879年に帰国。この大日本山梨葡萄酒会社が、メルシャンの前身となる。完全なこじつけだが、最後の士族の赤い血が多く流れたこの年に、赤い色のお酒を造る会社が生まれたのかと、感傷に浸ってしまった。

○仕込みはじめを神事で祈り

メディアツアーに話を戻そう。招待されたのは、山梨県・甲州市にあるシャトー・メルシャン。メルシャンがワイン造りの“旗艦”とするワイナリーで、日本産ワインの象徴的な存在にもなっている。工場の規模もワイン生産量も、神奈川県にあるメルシャン藤沢工場に遠くおよばないが、こちらは安価なデイリーワインをメインに造る拠点。日本産ブドウから品質の高いワインを生み出すシャトー・メルシャンは、手がけるブランドからしても、歴史の面からも同社のフラッグシップといってまちがいない。

そのシャトー・メルシャンに案内されて、最初に面白い光景を拝見した。実はこのメディアツアーが行われた日、今年に収穫されたブドウを使った“初の仕込み”だったらしく、厳かに神事が行われていた。宮司が神棚に向かって儀式を行い、今年のワイン造りの安全や仕上がりを祈っていく。少し「クスッ」となったのは、神棚にお供えになった“御神酒”がワインだったこと。御神酒は日本酒というイメージで凝り固まっていたが、ワイナリーでの神事だ。ワインのほうがシックリくるというものだろう。

●ワインづくしの1日

続いて、ワインのテイスティングを体験させていただいた。テイスティングなどというと少々気取っているが、ようは「タダ酒が飲める」というくらいに考えていた。内心はニヤニヤしながら、目の前に並べられた3種の白ワイン、1種の赤ワインを神妙な面持ちで飲み比べてみた。すると不思議なもので、味のちがいが伝わってくる。普段は1種のワインを「おいしい」と思いながら飲むが、異なる銘柄を飲み比べることはない。こうしてグラスを並べて飲み比べれば、それなりにワインの個性を感じ取れる。

そして、最後に注がれた赤ワインにびっくりした。これは「桔梗ヶ原メルロー」という、シャトー・メルシャンの“顔”ともいえる銘柄で、あきらかに普段飲んでいるワインと味わいが異なる。それこそ、いつも飲んでいるのはメルシャン藤沢工場で生産された、1本500円くらいのものだが、まったく別物のように感じた。あとで広報担当者から聞いたことだが、“諭吉さん2枚を超す”価格のワインだそうだ。

○デイリーワインに馴染んだ層をいかにステップアップさせるか

ただ、ここで違和感も憶えた。確かにワインを楽しむ層が増えたのはまちがいない。しかしそれは、安価なワインがコンビニやスーパーで手に入れやすくなったことが大きな理由。そうしたデイリーワインに慣れ親しんだ人々が、このシャトー・メルシャンのラインに手を伸ばすだろうか。テイスティングに提供してもらった白ワインも2,000〜3,000円はする。

デイリーワインで裾野を広げることには成功した。メルシャンとしては、こうして増やしたワイン愛好者の何割かに、シャトー・メルシャンといったハイブランドへの興味を持ってもらいたいというのが本音だろう。だが、ワンコインでワインを楽しんでいる層が、そうしたハイブランドに簡単に軸足を移すとはあまり考えられない。つまり、デイリーワインとシャトー・メルシャンの隙間を埋めるブランドが弱く、ワイン愛好者が少しずつステップアップしにくい状況が生じてたのだ。

この点をキリン(メルシャンはキリングループ)の担当者にたずねると、「そうした谷間を埋めるために『カッシェロ・デル・ディアブロ』というブランドを扱い始めました」との答えが返ってきた。このブランド名はスペイン語で「悪魔の蔵」という意味。その昔、あまりの美味しさに“盗み飲み”が絶えず、創立者が「この蔵には悪魔が棲んでいる」とのウワサを流したところ、盗み飲みがなくなったという逸話を持つ。取り扱い以降好調で、2016年第1四半期には、販売量が前年比142%も伸張したという。

こうして、デイリーワインとシャトー・メルシャンのようなハイブランドの隙間を埋める商品の目途は立ったが、気になる点がもうひとつある。それは、ここ1〜2年、ワインの消費量が鈍化している兆しがあることだ。

●ワイン人気鈍化の理由は?

ワインは現在“第7次ワインブーム”を迎え、2012年から2015年まで、4年連続で過去最高の消費量を更新してきた。それが、足踏みをし始めたのではないかと、ワイン取り扱い関係者からチラホラと聞かれるようになった。まだ、直近のデータが発表されていないので詳しいことはわからないが、この点をメルシャン 常務執行役員 営業本部長 館野敦氏に聞いてみた。

「チリ産ワインの急速な普及で、コンビニやスーパーのワイン売り場が広がりましたが、この動きが一段落したというのが鈍化の理由のひとつです。ただ、ワインの消費量は今後も伸びるとみています」と、館野氏は話す。

その理由はこうだろう。ワインを提供する飲食店は今や珍しくなくなったが、まだまだビールや清酒のようにほとんどのお店で提供されているわけではない。そうした飲食店の開拓にまだ余地があること。また、近年は「甲州」や「マスカット・ベーリーA」といった日本固有のブドウから醸造された“純国産ワイン”が注目され始め、世界文化遺産になった和食との相性に着目する料理人やグルメが増えていることが挙げられる。

○ブーム到来も十分ありえる

さらに“水物”ともいえるが、酒類は何かのきっかけで消費量がグンと増えることが珍しくはない。たとえば1990年代後半、「ポリフェノール」が注目され赤ワインの人気が爆発的に伸びたし、安倍首相が各国の要人に贈ったことで知名度が上がった日本酒もある。近年は朝の連続ドラマの舞台が蒸留所だったことで、品薄になるウイスキーの銘柄があったほどだ。ただ、この場合は一過性となることも考えられ、こうしたチャンスが訪れたときに、いかにファンをつなぎ止められるかがカギとなる。

さて、冒頭で示したとおり、日本のワイン造りは140周年を迎えた。人生70年と考えれば、その“2生分”の年月はいかにも長い。だが、海外に目を向ければ、ワイン造りの痕跡は紀元前までさかのぼる。とはいえ、日本のブドウ栽培、日本の醸造技術は加速度的に発展し、今や世界的コンクールで金賞を受賞するまでとなっている。今後もグローバルで評価されるワイン造りを続けてもらいたい。