ホンダはステージの台上にシビックタイプRを展示していた。日本よりも少し早く標準車とタイプRのシビックが発売されたことになる。ショーに合わせてということだが、日本のメーカーが必ずしも日本を優先してクルマを発表するわけではないことは、今では珍しいことではなくなっている。

  

市販車では3列シートのクロスオーバーMPVが中心で、ホンダは比較的コンパクトなクラスにモビリオとBR-Vの2車種を持っている。販売網の関係でトヨタ・アヴァンツァ/ダイハツ・セニアの連合軍には大差を付けられている状態だが、モーターショーの会場では一定の存在感を示していた。

  

特にモビリオについてはショーモデルとしてドレスアップしたRSを展示していて、標準車のモビリオに対して差別化を図っていた。またBR-Vにはカムフラージュ塗装を施したモデルを展示していた。

  

(村木哲郎)

【関連記事】

久々の新型車は新興市場専用のクロスオーバーMPV「三菱エクスパンダー」【インドネシアモーターショー2017】
https://clicccar.com/2017/08/29/505363/

世界初公開のコンセプトカー2モデルを意欲的に出展するダイハツ【インドネシアモーターショー2017】
https://clicccar.com/2017/08/29/505532/

日本でも販売していないディーゼルハイブリッドを投入したスズキ【インドネシアモーターショー2017】
https://clicccar.com/2017/09/06/508012/

4列シートで10人乗りのハイエース・ラグジュアリーに注目のトヨタ【インドネシアモーターショー2017】
https://clicccar.com/2017/09/06/508033/

ホンダはクロスオーバーMPVを2モデル用意するが販売面では苦戦中【インドネシアモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/09/07/508048/)