(左)経済アナリスト 森永卓郎さん/獨協大学経済学部教授。年収300万円時代の到来をいち早く予測。近著は『消費税は下げられる! 借金1000兆円の大嘘を暴く』(角川新書)。(右)森永さんおすすめの本

写真拡大

■どうしたら幸せになれるかを考える

理論的には、なるべく無駄のないよう効率的に資源配分するのが経済学です。でも私は、経済学にはもうひとつ大きな柱があると思っています。それは「厚生経済学」。どういった経済状態になれば、人は満足度が高い状態になれるのか。どうしたら人は幸せになれるのかを考える分野です。今、自分が完全に幸せではないと思うのならば、なぜそうなっているのかという観点から経済学を勉強し始めるのが、わかりやすくていいのではないでしょうか。

「なんでこんなにクタクタになるまで働かなければ自分の生活は成り立たないのだろう」「上司の理不尽な要求に応えているのに、なぜ自分の給料は上がらないのだろう」という身近な疑問から、今の経済の仕組みをとらえてみてください。

いきなりケインズ経済理論などと難しいものから勉強しようとしても意味がありません。一番大切なことは、自分の身に降りかかってくるかもしれない問題を解決する知恵を持っておくことだと私は思います。

今回初級本としてお薦めした中でも『お金が貯まる人は何が違うのか?』は、本当にすぐに役立つ“経済の基礎”本です。真面目に働いて得たお金の中から、使う前に決まった金額を天引きで自動貯蓄してお金を貯める。これは実に正しい行動です。お金がある程度あれば、人生の選択肢も増えますからね。でも悲しいかな、今の日本ではお金=神のような風潮もあります。お金がなければ豊かな人生ではないといった空気感がまん延する社会構造はいつ頃から、何をきっかけにもたらされたのでしょうか。

中級本以上では、それを学んでいただきます。新自由主義(グローバリズム)経済の元祖は、私はイギリスのマーガレット・サッチャーだったと思います。彼女はルールメーカーに徹しマーケットに関与しない“小さな政府”をつくりました。そして社会保障をたたき切り、所得の再分配もしないというのがサッチャー改革。これによりイギリスは劇的に経済成長しましたが、劇的に格差も広がりました。これを20年遅れでまねしたのが日本の小泉政権。それをさらに強化したのがアベノミクスだと考えています。目先の富や改革という言葉に騙されてはいけません。経済の正しい知識を身につけ、自分で考える力を養ってください。

■森永さんおすすめの本10冊

<初級編>

『入社1年目から差がついていた! お金が貯まる人は何が違うのか?』工藤将太郎(すばる舎リンケージ)
この一冊でお金が貯まる仕組みづくりを習得できます。わかりやすい、まさに“経済の入門書”。

『経済学の95%はただの常識にすぎない』ハジュン・チャン(東洋経済新報社)
マクロ経済学から経済学史まで、大学の経済学部で学ぶことをすべて網羅。

『108年の幸せな孤独』中野健太(角川書店)
移民として90年近くキューバで暮らしてきた日本人男性の人生から、資本主義経済の外側にある“本当の幸せ”の意味を学ぶことができます。

<中級編>

『機会不平等』斎藤貴男(岩波現代文庫)
小泉政権による構造改革以降、エリート層と、機会すら平等に与えられぬ層の差はさらに拡大。本書は小泉改革以前に新たな階級社会の出現を予言し、警鐘を強く鳴らしたルポ。

『新自由主義の自滅』菊池英博(文春新書)
小泉政権が構造改革と称して強行した新自由主義政策をより強化したのがアベノミクス。この本では新自由主義経済の正体を追求。日本経済の復活の糸口を探れます。

『ショック・ドクトリン』ナオミ・クライン(岩波書店)
危機や惨事に便乗した、アメリカの自由市場主義の神話を暴いた問題作。

<上級編>

『エコノミックス』マイケル・グッドウィン(みすず書房)
資本主義の黎明期からの経済史・経済学史を合体させた、“経済学の世界地図”のような本。漫画で読みやすいです。

『恋愛と贅沢と資本主義』ヴェルナー・ゾンバルト(講談社学術文庫)
ゾンバルトは20世紀初頭に活躍した、ドイツの経済学者。ぜいたくこそ資本主義発展の要因のひとつであり、ぜいたくの背景にあるのは恋愛であると言います。実は今の日本に一番必要なものが見えてきます(笑)。

『「原因と結果」の経済学』中室牧子・津川友介(ダイヤモンド社)
経済学がこだわる“因果関係”を学べます。

<おすすめDVD>

『キャピタリズム』
リーマンショックにより大不況となったアメリカ。マイケル・ムーア監督が新自由主義経済の弊害を浮き彫りにします。

(経済アナリスト、獨協大学経済学部教授 森永 卓郎 構成=赤根千鶴子 撮影=徳永 彩)