「文春砲」は日本の文化を変えた!? 二股恋愛の演技を嫌がる俳優と、感じた息苦しさ

写真拡大

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 オープンワークションプという先着順のワークショップを年に数回やっています。

 イギリスに留学した時、演劇人達が「演劇人として社会に還元しよう」とさまざまな活動をしていることを知りました。税金で文化的に助成されているのだから、お返しにスピーチ術だのコミュニケイションのテクニックだのを演劇的視点で一般の人に伝えるワークショップです。

 で、おいらも反省して、イギリスから帰った後、時間があるといろんな人が参加するオープンワークションプを開いています。といってイギリスに比べたら、全然、助成の金額の桁が違うので、演劇人はやさぐれててもいいとは思います、はい。

 で、もう、17年ぐらいやっています。先着順ですからいろんな人がやってきます。

 俳優志望者や俳優、ミュージシャン、監督やディレクターはもちろんです。『ベター・ハーフ』に出演した中村中さんは、これに申し込んでくれました。メールの申し込み者名を見た時は叫びました。

 8月の今回は、「10年間、引きこもっていました」という男性が参加しました。二十代の前半から三十代の前半まで引きこもって、去年、部屋から出てきたと言いました。

 いい奴でした。レッスンでちょっと周りと体が触れただけで、心底、申し訳なさそうに謝ってました。

 ワークショップの最後に演技の時間があるのですが、朴訥というか純朴な人柄が滲み出ていました。

 こういう男性がもてたらいいなあ、こういう男性を好きになってくれる女性はいい女なんだけどなあと思いながら見ていました。

 ま、なかなか、そんなカードを女性は引かないんでしょうなあ。「僕、年上の熟女にはもてるんです」と無邪気な目で言ってました。と言っても、一回だけだそうですが。余裕のある年上の人なら、「かわいいなあ」と素朴さを愛せるのでしょう。

◆俳優志望の世界にも染み込む健全な道徳律

 別のレッスンでテキストを使うのですが、それは、「昨日、カラオケに一緒に行った相手が素敵だった」とオーディション会場で思い出し、「うまく行けばいいなあ。芸の肥やしかあ」とニマニマし、でも、そこに恋人から電話がかかってくるという設定のセリフでした。

 若い女性がやってきて、(セリフは男女共、同じ設定です)「あの、これ、電話の相手は恋人ですよね?」と言いました。

「そうです」と軽く答えると、「じゃあ、どうして、カラオケに行った相手のことを思ってるんですか?」と真剣な目で聞かれました。

 彼女は、「これは『二股』ですよね、そんなことしていいのですか」とさらに言いました。

 本気のようでした。

 僕は「まだ無名だから、文春砲は炸裂しないから大丈夫だと思うよ」と答えましたが、唖然としました。

 17年間、同じテキストを使ってますが、こんな質問というか突っ込みを受けたのは初めてでした。

 いきなり、「ああ、『週刊文春』と『週刊新潮』は日本の文化を変えたんだなあ」と思いました。

 彼女は、どうみても道徳的に間違ったことは許せないという感じでした。付き合っている人がいるのに、別の人にときめくなんておかしい、まして一緒にカラオケに行くのなんて信じられない、そう言いました。

 でも、彼女は俳優を目指しているのです。俳優はドラマを演じます。ドラマはたいてい、人間の弱さやずるさ、情けなさを描きます。完璧な人間や道徳的に正しい人間、やましさが何もない人間を描くことはありません。そもそも、そんな人は存在しないと考えるのが芸術だったり芸能の基本です。

 夫がいるのに別な人を真剣に恋してしまったり、同時に二人の人を同じぐらい愛してしまったり、体の欲求に信頼を裏切ってしまったり。そういうことをするのが人間であり、そこから人間の苦悩や葛藤が始まるのです。そして芸能や芸術が生まれたのです。

「付き合っている人がいたら他の人を好きにならない」そう決めて、そのまま人生を終わらせられるのなら、それは生きた人間ではないと僕は思うのです。

 なんだか、俳優志望の世界にまで、「健全な道徳律」が染み込んで来るのはものすごく息苦しいと感じてしまうのです。

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中