自己啓発セミナーで本当に成功した男「素直でいると誰かが必ず助けてくれます」

写真拡大

「あなたも成功できる!」「引き寄せる」などの心地よい言葉が並ぶせいか、騙される人が一向に減る気配のない自己啓発セミナー。引っかかり続ける人が多い中、一部は本当に成功する者も。今回は、そんな男に話を聞いてみた

◆「毒を食らわば皿まで」自己啓発で本当に成功した男

 自己啓発セミナーに通いすぎた過去の反省を綴った『「自己啓発」は私を啓発しない』(マイナビ新書)の著者・齊藤正明氏。

「いわゆるクラッシャー上司に対抗する方法を探していたら、たまたまそれが自己啓発セミナーだったんです」

 だがそれも奏功せず、事態はさらに悪化。当時、バイオ系企業で刺し身などの鮮度保持剤を研究していた齊藤氏だが、開発が遅れていることを知った上司に「マグロのすべてを知るために漁船に乗ってこい」と言われ、しぶしぶマグロ漁船に乗船した。だが、そこで見たものは齊藤氏の想像とは全く違ったものだった。

「マグロ漁船の人材育成・組織開発ぶりと、イキイキと働く船員たちの姿に衝撃を受け、仕事観がガラリと変わりました。しかし、船を降りた後も上司との関係は改善せずセミナーに次々と手を出し、結果的に合計で約600万円を費やしました」

 しかしその後、上司が去り、マグロ漁船で学んだコミュニケーション術を社内で実践したら効果てきめん。その経験を生かしセミナー講師として独立、収入は十数倍となった。

「自己啓発はいわば包丁みたいなもの。料理を作ることもできれば凶器にもなる。使いこなせば、便利で有益になるものだと思います」

 齊藤氏が自己啓発セミナーで得たものとは何だったのか?

「とにかく人の話を素直に聞くこと。そのアドバイスを生かして次のセミナーを受け学びが増えるという繰り返しです。自己啓発がなかったら独立起業もしなかったし、今の自分はなかった。素直でいると誰かが必ず助けてくれます」

 その結果が現在であると考えれば、高額な投資も捨てたものではないかもしれない。多少、時間はかかったが……。

【齊藤正明氏】
人材コンサルタント・研修講師。バイオ系企業の研究所を経て、マグロ漁船流コミュニケーション研修講師に。著書に『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』(マイナビ新書)ほか

取材・文/SPA!自己啓発サークル アンケート協力/リサーチプラス
― [自己啓発セミナー]に騙された! ―