「彼氏が欲しいと思っても、なかなかできない」
そんな状態に悩んでいる女性は、さぞや多いことでしょう。

いまは恋愛に受け身で、恋をする自信が持てない男女が少なくないとか。
でも、そうした状態でも、必ず恋はできます。

今回は、彼氏がなかなかできない原因と解決策をまとめてみました。

自分に自信が持てない

ルックスも悪くない、性格も悪くない、条件としても悪くない――。そんな男女でも、前向きに恋ができない人は、多い印象があります。
彼らの足を引っ張っているのは、おそらく自分への自信の無さでしょう。たとえば経済力の無さとか。恋を休んでいた期間が長いあまり、アプローチが思うようにできないとか。

でも、恋人ができない根本的な原因は、条件ではないと思います。
「こんな私に彼氏なんかできっこない」といった、自分を卑下してしまう考えが、恋をするのを後ろ向きにさせてしまっている恐れがあります。
一見モテそうな男女に恋人がいないのも、こうした理由が大きいのではないでしょうか。

自分への自信の作り方は、人によって違うでしょう。ただ、ひとつ言えることがあれば、その近道は自分を好きになることだと思います。
経済力に自信がないのなら、キャリアアップを図るとか。自分の良さに目を向けることで、自信が持てることはたくさんあるはず。自分自身で自分を卑下するのはやめましょう。

理想を高くしない

恋人になる相手は、自分のレベルと似ているといいます。そこで自分のレベルを客観視して、高望みしていないか気にしてみて。
理想が高いほど、出会いがあっても恋愛対象になりにくく、恋がしづらいからです。

年上好みであっても、年下も視野に入れてみるとか。イケメンではなくても、性格が優しければよしとするとか。自分の好みでなくても、「気になるな」と引っかかる男性なら、積極的にコンタクトを取りましょう。

出会いに消極的な人ほど、恋人ができるまでに時間がかかりがちです。そのため、早々に「タイプじゃない」と決め込まないことです。
まずは人づきあいとして、前向きに接点を持って、コミュニケーションを取れるといいですね。アプローチ力も磨かれるでしょうし、男友達として仲良くなれるかもしれません。

ネガティブ思考である

ネガティブ思考では恋がしづらいです。自分を卑下してしまうことにも、つながる話ですが――。ほかにも、出会いがあったとして、「○○さんはイケメンだけど、性格がキツイ」と、相手の欠点に目が向いてしまうとか。

異性と話をしていても「○○さんっていつもそうですよね」と、つい悪口が増えてしまうとか。相手の印象や、周りの雰囲気を悪くしてしまう可能性があるためです。
人の縁とは不思議なもので、ネガティブな人にはネガティブな人が引き寄せられるもの。

いい出会いを引き寄せたいのなら、まずは自分が魅力的になる必要がありますね。
普段から笑顔を心掛けて、ポジティブ思考を意識しましょう。「あの子はかわいい」「一緒にいると、元気がもらえる」そんな印象が持たれれば、いい出会いは得られやすいはずです。

おわりに

彼氏ができないことを気にするよりも、自分の魅力を高めることを意識してみて。そうすれば「出会いの神様」は、あなたに微笑むでしょう。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)