8月23日に突如発表されたウェイン・ルーニーの「イングランド代表引退」は、一時代の終焉を意味した。

 マイケル・オーウェンやデイビッド・ベッカム、スティーブン・ジェラード、フランク・ランパード、リオ・ファーディナンド、ジョン・テリー、そしてルーニーらを擁した2006年W杯〜2010年W杯時は、フットボールの母国に到来した「黄金世代」と謳われ、英国民の期待はいやが上にも高まった。


逆転ゴールでイングランドを勝利に導いた19歳のラッシュフォード

 しかし、タイトルを手にすることなく、ひとり、またひとりと代表から去っていき、最後のひとりとなったルーニーもスリーライオンズ(イングランド代表の愛称)のユニフォームを脱ぐことになった。昨年11月のロシアW杯欧州予選のスコットランド戦で先発して以来、ルーニーが同代表のピッチに立つことはなかったが、それでも一時代の区切りとして、そして転換期として、彼の代表引退には大きな意味があった。

 こうしたなかで迎えたのが、9月4日に聖地ウェンブリー・スタジアムで行なわれたW杯欧州予選・スロバキア戦である。

 スターティングメンバーには、代表の主軸に成長したFWハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー/24歳)とMFデレ・アリ(トッテナム・ホットスパー/21歳)を筆頭に、MFマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド/19歳)、MFエリック・ダイアー(トッテナム・ホットスパー/23歳)、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン(リバプール/24歳)ら新世代の若手が名を連ねた。前任のロイ・ホジソンと、U-21代表監督から昇格した47歳のガレス・サウスゲートが推し進めてきた「世代交代」を反映したメンバー構成である。

 ただ、肝心の試合は「まだまだ成長段階」と評するにふさわしい内容だった。よくも悪くも主役を演じたのは、代表戦3度目の先発を託されたラッシュフォードだ。

 グループFのトップにつけるイングランドと、2位スロバキアの勝ち点差はわずか「2」。敗れてしまえば、残り2試合のタイミングで首位の座を奪われるという、慎重さが必要になる天王山である。ところが開始3分、自陣ペナルティエリア近くでドリブルを始めたラッシュフォードがふたり目を抜き去ろうとしたところで、ボールをあっさりと奪われて失点を許してしまった。

 経験のなさを露呈した不用意な判断からの失点で、このミスに引きずられるように序盤のイングランドは劣勢にまわった。前半10分経過時のイングランドのポゼッションは23%。前半途中まではスロバキアのパスワークのほうが光った。

 しかし、そのラッシュフォードが試合の流れを引き寄せる。ニアサイドに飛び込んだダイアーにCKをピタリと合わせて同点弾をアシストすると(37分)、後半にも25メートルのミドルシュートを叩き込んだ(59分)。

「何事にも決して恐れない」とサウスゲート監督が19歳のアタッカーを評するように、自らの足で苦況を打破した強い精神力には英紙『ガーディアン』も、「ミスを帳消しにして勝利を引き寄せた」と高く評価した。サウスゲート監督も「大きなインパクトを残した」と褒めたが、「立ち上がりのミスがそうだったように、彼はまだ学習段階にある」と注文をつけることも忘れなかった。

 アップ&ダウンが激しかったのは、チームパフォーマンスも一緒だ。目立ったのはパスワークの「拙さ」と「ぎこちなさ」。ポゼッションサッカーを志向するサウスゲート政権だが、MFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)とダイアーで編成するセントラルMFは構成力に欠け、チャンスの多くは「セットプレー」「個の力による単独突破」「カウンター攻撃」から生まれたものだった。

 3選手以上が絡む有機的な崩しはラッシュフォードが絡んだ2回のみ。トップ下のデレ・アリが目立ったシーンも、「友人のDFカイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)に向けたジョーク」と釈明した”中指ジェスチャー(※)“だけで、肝心のプレーで観衆を沸かすことはできなかった。

※77分にペナルティエリア付近で倒されたデレ・アリが立ち上がって自陣に戻る際に中指を立て、そのシーンがテレビカメラで映し出された。

 この試合で生まれたふたつの得点を振り返ってみても、「セットプレー」とラッシュフォードによる「個人技」からのもので、イングランドが本来得意とする”強引な力技”で逆転勝利に結びつけた格好だ。一本調子の単調な攻撃、ポゼッションの質の悪さ、崩しの少ないオプションと、イングランドが抱える継続課題は依然として解決されていない。

 交代時にサポーターから誰よりも大きな声援を受けたラッシュフォード、昨季プレミアリーグ得点王のケイン、好調時にはダイナミックなプレーを連発するデレ・アリと、いずれも彼らは大きな伸びしろを秘めている。だが、ケイン&アリのトッテナムコンビがこの試合で沈黙したように、選手個人としても乗り越えるべきハードルは少なくない。

 スロバキアに勝利したことにより、次節のスロベニア戦(10月5日/ホーム)に勝利すればロシアW杯出場が決定する。しかし、予選を全勝(10勝0敗)で突破しながら2016年の欧州選手権で格下アイスランドに敗れて大会を後にしたように、W杯本大会で上位進出を果たせるかどうかは「未知数」と言っていい。

 ロシアW杯まで残り9ヵ月――。W杯出場に王手をかけたが、このまま右肩上がりに成長曲線を描けるか。「発展途上」とサウスゲート監督が自軍を見ているように、”黄金世代後”のイングランドはさらなる成長と進化が必要である。

■海外サッカー 記事一覧>>