内定を辞退すべき会社が発する5つの危険信号

写真拡大

以下は読者のミカイルから寄せられた便りと、私からの回答だ。

私は現在1社から内定をもらっていますが、2社目の返答を待っています。

2社目の方がいくつかの点で私に合っていますが、より良いオファーを期待して内定を辞退したくありません。

既に内定をもらった仕事は現職と全く同じ職務で、会社が変わるだけです。私は現在クレジット(信用)アナリストとして勤務しており、内定先でも信用アナリストとして働くことになります。

一番の問題は、この会社には面接の過程で非常にぞんざいに扱われており、失礼だとさえ思ったことです。最初に応募したときには、返事が来るまで6週間かかりました。面接は特定の日時を指定され、こちらの都合を聞かれることはありませんでした。

面接は問題なく進みましたが、それ以降全く音沙汰がなく、4週間半後にやっと連絡が来て2度目の面接に呼ばれました。2回目はとてもうまく行ったと思いましたが、昨晩にメールで内定をもらうまで連絡は一切ありませんでした。

その会社の人と電話で話したことは一度もありません。これって変じゃないでしょうか?

この状況はリスクが高いと思いますか? この内定は断って、他の可能性に賭けた方が良いでしょうか?

ミカイルへ

会社が採用候補者をどのように扱うかを見れば、その会社についてさまざまなことが分かる。あなたに内定を出した人たちが、あなたのことを価値ある人材だと見ていないことは明白だ。

採用過程での会社のあらゆる対応から「あなたのことは全く大事にしていない。内定を断ったとしても、知ったことではない──誰か代わりが見つかるだろうから」というメッセージが読み取れる。

来月の家賃が払えない、という状況でない限り、その内定は断ることだ。承諾したとしても、転職活動は続けよう。

金銭的余裕が少しでもあれば、内定を断って、自分の判断基準を引き上げよう。必死になるあまり内定を受けてしまうと、仕事に気力を吸い取られ、精根尽き果てて自尊心も失い、苦境を抜け出すためのエネルギーや自信もなくなってしまう。

自分に合わない仕事を受けてしまうと、失職期間が1〜2か月延びるよりも悪い影響が出る可能性があるのだ。

以下に、「その仕事は受けるな!」と警告を発する5つの前兆を紹介する。

1. 会社を訪問したとき、誰も笑顔を見せていない。会う人は皆、気を張り詰め、怒っている。あなたにはこうした不幸な人たちの仲間入りをする余裕はない。

2. 入社後に上司となる人に好感が持てず、信用できない。どのような仕事でも、上司はあなたにとって最重要人物だ。あまり快く思えない人の下で働くことを承諾しないこと。

3. 職務の説明をされるたびに仕事は増えていくのに、給料は変わらない。

4. 従業員の手引きを読んだときに、細かい職場ルールが多いことに気付いた。出勤を非常に重要視しており、悪天候が理由で5分遅刻しただけで問題になる可能性がある。そのような職場からは逃げること。

5. 面接プロセスを通して非常にひどい扱いを受けた。何週間も連絡がない期間があり、あなたの送ったメールにも返信がなく、会社から基本的に無視されている。会社はその時点ですでに、あなたを人としていかに大事にしていないかを示している。あなたはより良い待遇を受けるべきだ。

内定を断るには勇気が必要だが、キャリアが進展するにつれ、より楽になるだろう。あなたの価値を理解しない会社にあなたを採用する資格はないと心に留めておこう。