紙の本や電子書籍を超えたメディアが登場してくるかもしれません(写真:Taka / PIXTA)

8月20日に配信した「ジリ貧の『ビジネス書』市場に見える微かな光」では、ビジネス書市場が2000年代の「黄金期」をピークに衰退している中で、これからいったいどこへ向かおうとしているのか3つの展望を示しました。

すなわち、拙著『平成のビジネス書「黄金期」の教え』で解説したように、「予備校文化の拡大」「新しい女性著者が必ず現れる」「本格派の時代」の三点ですが、これらはいずれもビジネス書の内容面からアプローチしたものでした。

今回は外側の形態面から、ビジネス書の今後を占ってみたいと思います。

電子書籍のさらなる拡大とその先

2000年代と2010年代を決定的に分けるものとして、電子書籍の普及が挙げられます。電子書籍の普及はマンガが先行していますが、IT機器との親和性からビジネス書の電子書籍も徐々に広がってきています。

2005年に出版した『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』は、10年経った今でも電子版が地道に売れ続けているそうです。このようなロングテールは、電子書籍の普及がなせるワザでしょう。

私自身、スマホを使うようになってからは徐々に電子書籍の利用頻度が増えました。それまでも専用端末を持ってはいたのですが、やはり持ち運びが面倒であまり使わなかったのです。いまの私の読書傾向は電子4:紙6ぐらい。紙を選ぶ場合は、単に電子版が出ていないというケースがほとんどです。特に電子版のほうが適していると思うのは、ピケティ『21世紀の資本』のようにページ数が多い本や、とりあえず読んでおいたほうがいいような話題書など。マンガはほぼ100パーセント電子版で読んでいます。

デジタル機器で本を読むことに抵抗を感じる人も当然いるのですが、電子書籍の市場は確実に拡大しています。

このような電子書籍の台頭は、出版業界の流通形態に大きく3点の変革をもたらすと思われます。順を追って説明しましょう。

 崕藺」という呪縛からの解放

第一に、「初速」という呪縛から解き放たれたこと。

「初速」とは、本が店頭に並び始めて1週間程度の売れ行きを意味します。紙の本の場合、この期間の売れ行きが良ければ畳みかけるように重版をします。逆に売れ行きが悪いとあっという間に店頭から消えかねません。そこで、店頭でいい場所に置いてもらえるように、出版社も著者も必死になりました。タイトル戦争も、そのために起こった側面があると言えるでしょう。どんなに中身がよくても、目立たなければ初速が悪くて消えてしまう。これは作り手にとって恐ろしい呪いでした。

ところが、『さおだけ屋〜』の例を挙げたように、電子版の特徴はロングテール。初速を気にせず、長い目で見て売れる本作りができるようにはなりました。

もう一例を挙げましょう。『ルワンダ中央銀行総裁日記』(服部正也著、中公新書)は一見するとマニアックな題材ですが、ネット上で「ライトノベルのようなストーリー展開で面白い」という反響が広がり、電子版の売り上げが伸びたそうです。この本が刊行されたのは、なんと私が生まれるよりも前の、1972年(2009年に増補版刊行)。40年以上の時を経て、再評価されたということです。

このように出版業界はいま、まだ完全にではありませんが「初速」という長年の呪縛から逃れつつあるのです。

∈独寮度、委託販売の壁崩壊

第二に再販制度、委託販売の壁を壊したこと。

電子版と紙の本との最大の違いは、「値下げ販売」ができるか否かです。電子の世界では、これまでの出版流通を支えてきた「再販売価格維持制度」と「委託販売」のルールが通用しません。これらの制度の崩壊により、価格の自由化が進み、読者はより安価で本を手にすることができる一方、出版社や著者側は利益をあまり出せなくなる、という時代に入ったのです。2000年代のように、利益を出すために各出版社がビジネス書に参入する、といった時代はもう来ないでしょう(本筋ではないため詳しくは触れませんが、出版社はより利益率の高いセミナー事業や本の直販といった方向に進むのでしょう)。

第三に業界再編の予兆です。

私は電子書籍を読む際に、Kobo(コボ) やKindle(キンドル)、スマホではhonto やBOOK WALKERを利用していますが、このうちhonto は大日本印刷と書店のジュンク堂、丸善、文教堂等が連携した、従来の枠組みを超えた電子書籍店であり、BOOK WALKER は出版社KADOKAWAの直営です。

私は10年前に、版元、取次、書店、印刷所という枠組みを超えた業界の垂直統合を予測したことがあります。

「他の業界の動きを考えてみると、いずれは垂直統合、つまり、出版社と取次と小売店が統合した会社ができるでしょうね。松下や東芝といった電器店は失敗しましたが、自動車メーカー各社やコンピューター会社のアップルなどは垂直統合の成功例です。出版業は他業種に比べて、製作から流通まで絡む要素が少ないので、垂直統合はやりやすいと思います。次の企画へのフィードバックもしやすくなる。たとえばAmazon などは、とりあえず取次を飛ばして、出版社と直接結びつくということは狙っているでしょうね。紀伊國屋書店と講談社の合併もないとは言えません」(「街の本屋はなぜ潰れてしまうのか?」『中央公論』2007年11月号)

この予測は、今まさに具現化されているということです。

最近も、TSUTAYAが徳間書店を傘下に収める動きがありました。徳間書店の雑誌『アニメージュ』がTSUTAYAでしか買えなくなる……という事態が今後起こらないとも限りません。

電子書籍は以上のような変革をもたらしましたが、次の10年はどうなるのか考え始めると……ビジネス書分野において電子書籍がそのまま拡大し続けるのかどうか、私は懐疑的です。それは作家側の問題になります。

ビジネス「書」作家の消滅?

最後に、そのビジネス書作家について指摘しておきます。実は、ビジネス書作家の場合、紙の本や電子書籍という形態にこだわる必要はありません。

なぜか?

ビジネス書作家は、私自身もそうですが経営者や専門職と兼業している人が多いので、生活のため、おカネのために執筆している人はほとんどいません。あくまで自分の考え方やノウハウなどを世に広めたいために書いているので、伝播力のあるメディアであれば、本という形態にこだわる必要がないのです。これは筆1本で世を渡る文芸系の作家と大きく異なる点でしょう。近年は文芸系でも専業はなかなか困難ですが。

動機が知識の伝播であるビジネス書作家の主戦場は、書籍、電子書籍を経て、その次のメディアへ向かっています。

「note※(ノート)」のようなWebサービスかもしれませんし、SNSやアプリかもしれません。中でも前回触れたように、動画の時代が到来することでしょう。ネット上の番組や無料動画サービスを使って、個人的に発信する動きが活発になっていく。ビジネス書作家は脚本家としてネタだけを考えて、TED(Technology Entertainment Design)のようにプレゼン力のある人が出演する新たな分業スタイルが生まれるかもしれません。同じ解説をするなら、イケメンや美女がしたほうがいいと、ビジュアル重視の時代が進むような気もします。

※note(ノート)…「文章や画像、音声ファイルの記事(ノート)を簡単につくり、 つくった作品を手軽に売り買い」して、「ファンとのコミュニケーションも可能」なサービス(公式HPより)。ダイヤモンド社で『もしドラ』などをヒットさせた編集者、加藤貞顕氏が創業したピースオブケイク社が運営している。


その時は、もはやビジネス「書」ではないでしょう。

私の予測を、出版関係者や従来の読書家は負のものとして捉えるかもしれませんが、しかしそもそも出版社というのは、版木から紙に刷って売っていたのが原点。それがいつしか活字になり、さらに電子に器を変えたとしても、その本質にはなんら影響がありません。

先達にならって時代を直視し、あまり古い器にばかり固執するのではなく、どうやって新しいものを見つけていくのかが大切です。そして、そういった適応力や生存戦略こそが、私たちがビジネス書から学べる最大の知恵なのかもしれません。