寺尾玄社長。6日に新商品「バルミューダ ザ・レンジ」を発表した(撮影:内海裕之)

写真拡大 (全3枚)

“最高においしい”トーストを焼く2万円超の「バルミューダ ザ・トースター」(以下「ザ・トースター」、そよ風を再現した3万円超の扇風機「ザ・グリーンファン」(以下「グリーファン」)。これまでになかった高級家電を世に送り出しているバルミューダ(BALMUDA)が、9月6日、新商品となる「バルミューダ ザ・レンジ」を発表した。

「バルミューダ ザ・レンジ」(以下「ザ・レンジ」)は、必要な機能をわかりやすくシンプルに備えた上に、ボタンなどの操作音を、楽器の音が美しくユーモラスに奏でる。レンジの操作自体を楽しく、キッチンを少しでも明るくという思いが込められている(価格帯は税別4万3500円〜5万4500円、カラー3種、11月末〜12月上旬の出荷、発売を予定)。

 成熟する家電市場で異例のヒットを飛ばす理由はどこにあるのか? 高校を中退して海外を放浪、ミュージシャン活動をするも挫折、一転、ものづくりの道へと分け入った寺尾玄(げん)社長。商品と同様、その人生も独自性に満ちている。「うまくいったという気持ちはゼロパーセント」と、はるか先を見据える社長がいま考えていること、これからの会社像について、話を聞いた。(【前編】【後編】、2回にわたってお届けします)

* * *

◆「ポップ」とは何かを追求するんです

──9月6日に新商品「バルミューダ ザ・レンジ」を発表されました。2003年の創業以来、扇風機「グリーンファン」や「ザ・トースター」などを発売し、高級家電市場を牽引してきたバルミューダですが、ヒット商品を生み出している現状をどう分析されていますか?

寺尾:いまバルミューダがやっていることを一言でいうと、「お客様の役に立つ」。これが事業や行動の目的です。商品をたくさん売るとか、世界一の会社になるとか、社会を変えるとかではなく、「人の役に立つ」。この考え方に立たないと、ヒット商品は生まれないと思う。自分たちが良いと思うものを使ってもらいたい、と考えていた時期は全然ダメでした。私の考えでは、社長業で大事なのは、「自分でなくなる」こと。喜ぶべきは自分ではなく、お客様です。

──「お客様が喜ぶもの」をどのように見出していらっしゃいますか? マーケティング(市場調査)についてはどうお考えでしょうか。

寺尾:マーケティングは一切しません。では何を頼りにするかといえば、私独自の考え方があります。「ポップ」とは何かを、追求するんですね。ポップとはポップミュージックのポップで、多くの人が感じる気持ちよさであり、多くの人に受け入れられる素晴らしさです。現代は多様性の時代といわれますが、7割の人を動かせるものは確実にあると私は考えています。それがなければ、なぜ、ある店には行列ができ、ある店にはできないのか、説明がつかない。家電に限らず、音楽でも写真でも映画でも料理でも、7割の人がいいと思うものには、ポップさが備わっていると考えています。

──「ポップ」な商品が売れるというわけですね。寺尾社長が考える「ポップ」の構成要素をもう少し具体的に教えていただけますか?

寺尾:現時点で私が辿り着いた答えは「“死”から遠いもの」です。なぜなら、人間がもっとも避けたいのは死ぬことだから。ゆえに、その対極にある、生(せい)がいきいきと輝いている状態を、われわれは楽しい・美しい・心地よいと感じるのではないでしょうか。言い換えれば、元気な状態が素晴らしいと、われわれは本能で知っているはずなのです。ポップの根底にあるのは、それだと考えています。

 こうした人間の本能を突き詰めていくと、全人類が欲しがるものがあるのではないかと考えられます。それは「素晴らしい人生」。お金は要りません、と言う人も、素晴らしい人生が要らない、とは言わないのではないか。私たちはただの道具屋なので、素晴らしい人生そのものを提供することはできません。しかし、素晴らしい人生とは、素晴らしい体験の積み重ねで成り立つと考えれば、お客様の体験の一部を、私たちの道具によって素晴らしいものにすることはできるはずです。その考え方の繰り返しで、新しい商品を開発しています。

──そのような発想から生まれたのが今回の「ザ・レンジ」であり、「ザ・トースター」であると。

寺尾:そうですね。たとえばバルミューダの「ザ・トースター」で焼くと、普通のトーストではなく、素晴らしいトーストができあがる。その価値はポップであり、だから、認めてもらえたのだと思います。カッコイイからではなく、美味しいものができるからヒットしたのです。

◆会社で大事なのは人、モノ、金よりも、「商品」

──現在の家電は、素晴らしい価値や喜びの提供が希薄になっていると感じますか?

寺尾:今の私たちは、家電はもちろん多くの物と共に暮らしています。つまりもう、持っているということ。暮らしていて特段の不便さも感じません。昔は日本中に持っていない人たちが満ち溢れていた。そんな時代と今では、当然売れるものは変わってくるはずです。

 家電でいうと、重要なのは、「主たる機能」において、新しい価値を提供できるかどうかだと思います。洗濯機の何が画期的だったかといえば、手動で行っていた洗濯という行為を、機械が代替してくれたことですよね。つまり、新しいボタンが付いたとか、本体が小さくなったとか、そういう進化も大事かもしれないけれど、私は本質ではないと考えます。主たる機能に喜びや素晴らしさを付加できてこそ、お客様に喜んでいただけるのだと。それが上手くいった例が扇風機であり、トースターです。

──「ポップ」というベースの概念の上に、具体的に、新しいアイディアはどのように練っていかれているのでしょうか。

寺尾:アイディアというのは、ゼロから生み出すものではなく、私の考えでは、ただの組み合わせです。今までくっついていなかったものを、くっつけるだけ。「高い」+「トースター」だと、別に欲しくないなと思う。「カッコイイ」+「トースター」も、それほど食指が動かない。ところが「世界最高のバタートースト」とくっつけると、惹かれるな、となるのです。

 組み合わせの前提として、何かを見た時に、他の何かを思い出す必要があります。発想って、結局は「思い出し」なんですね。たくさんのことを思い出せたら、くっつける幅も広がるわけで、そのための訓練として、私は1人連想ゲームよくします。何でもいいのです。たとえば、本から始めて、本→紙→パルプ→アフリカ→ダイヤモンド→石→石炭……と、連想していく。3分間やるとぐったり疲れます。が、お薦めです。

◆地面と自分さえいれば、最終的に大丈夫

──新しい商品を発表されたばかりではありますが、次の商品の予定は決まっていますか?

寺尾:来年発売に向けて準備を進めている商品が2つあります。アイディアはいくらでもあるので、それを商品という形に落とし込んでいく作業を進めています。

 私は、会社でいちばん重要なのは「商品」だと考えているんです。会社のリソースは人、モノ、金とよくいわれますが、私は商品が第一。いくら資金があっても、いい人材がいても、商品が生まれなければ意味がないでしょう。商品だけが会社を次のステージに連れて行ってくれるし、大きなピンチを切り抜けさせてくれる。素晴らしい商品を社会に提供できれば、それだけで、会社の状況はガラリと変わってしまうんです。

──実際に、バルミューダはピンチのときに、大ヒット商品を生み出してきました。ピンチにおいて最大の力を発揮するのは、自著『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)に書かれているような社長の人生経験や人柄に拠るところもあると感じます。

寺尾:私、ピンチになると、ものすごくやる気が出るんですよ(笑)。ファイトが湧いてくる。これは親からもらったギフトだろうと思いますね。もうひとつ、高校を辞めて行ったスペインの旅で、自分を信じられる力を得たと思います。地面と自分さえいれば、最終的に大丈夫。金がなくたって、生きていける。そういう確信を得たことは、大きかったと思います。

※【後編】では、寺尾社長の背骨を作ったご両親の教育や若き日の旅について、また、今後の会社の方向性についてお届けします。

◆寺尾玄(てらお・げん)
1973年生まれ。17歳の時、高校を中退し、スペインをはじめとする地中海沿いを放浪する。帰国後、音楽活動を開始。2001年、バンド解散後、ものづくりの道を志す。工場に飛び込み、設計、製造について独学で習得。2003年、有限会社バルミューダデザイン設立(2011年4月、バルミューダ株式会社へ社名変更)。同社代表取締役社長。著書に『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)がある。