視認性や操作性の良さから市販、純正、用品を問わずカーナビの大画面化が進んでいます。

今回、パイオニアから販売されたのは、10V型ディスプレイを搭載した車種専用の「サイバーナビ」。車種専用セッティングの利点は、フィッティングの良さ。視認性、操作性を車種に合わせて微調整しやすい点などがあります。

対応車種は、日産セレナ、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ホンダ・ステップワゴンで、全14モデルを用意。

最大の特徴は、キーイルミネーション部にテクスチャグラデーション処理を施すことで、対応車種のコンソールを高品位に演出することができる点です。

機能面では、カーオーディオ/ナビの世界でも採用され始めたハイレゾ音源再生などの高音質再生に加えて、サイバーナビの特徴である「ミュージッククルーズチャンネル」や「スーパールート探索」、「マルチドライブアシストユニット」に対応しています。

さらに、特別仕様として、「専用フロアカメラユニット」のナビ本体装着に対応しているほか、「スマートコマンダー」用の専用取付ホルダーが同梱されています。対象車種ごとの「高音質エキスパートチューニングデータ」や「車種専用セッティングデータ」も搭載されていて、装着後すぐに最適な環境で使用できます。

価格はオープンプライスですが、AVIC-CE901AL-M/AVIC-CE901VE-Mが340,000円前後。AVIC-CE901AL/AVIC-CE901VEが260,000円前後。

AVIC-CE901SE-M/AVIC-CE901VO-M/AVIC-CE901NO-M/AVIC-CE901ES-M/AVIC-CE901ST-Mが330,000円前後。AVIC-CE901SE/AVIC-CE901VO/AVIC-CE901NO/AVIC-CE901ES/AVIC-CE901STが240,000円前後となっています。

(塚田勝弘)

パイオニア「サイバーナビ」に車種専用10V型ディスプレイを設定(http://clicccar.com/2017/09/07/507856/)