(写真提供=KLPGA)イ・ボミ、キム・ヘリムとキム・ジャヨン(右)

写真拡大

韓国女子ゴルフ界の“フィールドの妖精”と呼ばれるキム・ジャヨン。彼女が一躍、ブレイクしたのは2012年だった。

この年、韓国でシーズン3勝をあげ、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)大賞、最多勝賞、人気賞の3冠を達成。一躍、韓国女子ゴルフ界の人気者となった。

新世代の台頭ですでにベテラン?

そんな彼女も今年で26歳。まだまだ若く発展途上だが、韓国では中堅どころが、そろそろベテランの部類に振り分けられそうな年になっている。

韓国では最近、若い世代がどんどん台頭としており、新陳代謝も激しい。

人気の移り変わりも激しく、最近はベーグル女(童顔なのにナイスバディという意味の造語)ゴルファーのアン・ソヒョンや、以前に本欄で紹介したユ・ヒョンジュなど、20代前半の美女ゴルファーたちが人気だ。
(参考記事:【写真30連発】“次世代セクシーゴルファー”ユ・ヒョンジュは、アン・シネを超えられるか

そのせいか、キム・ジャヨンも2011年から6年連続で選ばれてきたKLPGA広報モデルに、今年は選ばれなかった。

ただ、今季は復活の予感。5月の「斗山マッチプレー・チャンピオンシップ」で5年ぶりの優勝を成し遂げ、健在ぶりをアピールした。

今季はKLPGAツアーの日程と重なってしまったため、日本女子プロゴルフ協会のファーストQTを断念したという彼女だが、日本挑戦を諦めたわけではないと話す。

「日本ツアーには今、多くの先輩たちが進出していますし、活躍しているじゃないですか。そういう姿を見ていると、私も“いつかオンニ(韓国語で「姉さん」という意味)たちに続きたい”と思うようになります。

最近も日本で優勝して戻ってきたヘリム・オンニと話しましたが、とても嬉しそうに日本のことを語るので刺激を受けました」

ヘリムとは、人気と実力の両方を兼ね備えた証となるKLPGA広報モデルの2017年メンバーに選ばれた、キム・ヘリムのことだ。韓国で“卵ゴルファー”の愛称で知られる彼女は、7月の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」で日本初出場・初優勝を成し遂げた。

このキム・ヘリム以外にも、キム・ジャヨンは先に日本で活躍する韓国人選手からさまざまな情報やアドバイスをもらうという。

最近で特に参考になったのは、イ・ボミからの助言らしい。

韓国ツアーに出場したイ・ボミからの助言

イ・ボミは8月下旬、「ハイウォン・リゾート女子オープン」で13カ月ぶりに韓国ツアーに出場したが、試合中以外でもイ・ボミから日本についてさまざまなことを聞いたという。

「以前、私もボミ・オンニと同じ企業からスポンサードを受けていたこともあって、スポンサー行事などでもご一緒することが多く、いろいろとアドバイスをもらいました。

ちょうど私がスランプに陥っていたこともあって、ボミ・オンニは親身になって日本での経験をたくさん話してくれました。それが私にとってはプラスに働きました」

具体的にイ・ボミはどんなアドバイスをキム・ジャヨンに授けたのだろうか。

「日本ではキャディやトレーナーと行動をともにしているそうですが、それがさまざまな相乗効果があると言っていましたね。

例えばオンニは韓国時代、さほどウェイト・トレーニングを重視していなかったそうですが、日本ではトレーナーが常時、体の状態をチェックしてくれてトレーニングも日課になっているので、それがコンディショニングの面でとても役立っているそうです。

移動などで体力的に厳しくてもトレーナーがケアしてくれるので、“ゴルフに集中できる”とも言っていました。

私もそうしたアドバイスを受けて、トレーニングやコンディショニングについて気を払うようになりました。今までは練習量ばかりに気を取られていましたが、ボミ・オンニの助言に従い、自分の年齢や体調に合った準備をするようになりました」

アン・シネからもいろんな話が…

韓国では練習量の多さばかりが問われがちだが、日本では“質”も大事になってくる。

キム・ジャヨンはイ・ボミの助言を通じて、ゴルフというスポーツに向き合う日韓のアプローチの違いを知ったようだ。

「(アン・)シネ・オンニからもいろいろと話を聞きますよ。オンニは今年から日本でプレーしていますが、日本のコース・セッティングから始まり、ギャラリーのことまで、いろんな話をしてくれるんですよ。

どの話もオンニが実際に体験したことなので、リアリティがあるというか、説得力があるんですよ」

アン・シネが日本のゴルフ文化を絶賛したことについては以前紹介した独占インタビューでも明らかになっているが、その話をキム・ジャヨンら韓国女子ゴルファーたちもアン・シネ本人から伝え聞いているわけだ。

そういった心温まる交流エピソードを耳にすれば、なおさら日本に挑戦したい気持ちにもなることだろう。

では、キム・ジャヨンは日本についてどんな印象を抱いているのだろうか。それは次回に紹介したい。(つづく)

(文=慎 武宏)