コットンパックその1 化粧水をコットンに含ませる

写真拡大

夏の紫外線をたっぷり浴びた肌は、ダメージもかなりたまっています。エステにいかないとダメかしら…の心配は無用! 美容家の瀬戸口めぐみさんが自宅でも簡単にできるレスキューケア法を教えてくれました。

【画像を見る】コットンパックその2 コットンを2枚に裂く

 

■ 【経済的で効果大! コットンパックで肌を「水分漬け」に】

夏疲れがたまったときや、「きょうは日ざしに当たっちゃったな」と自覚があるとき…そんな夜にやっておくと、シミなどのトラブルが起こりにくくなるのがコットンパック。化粧水でひたひたにしたコットンを薄く裂き、顔に貼りつけて5分ほど置くだけで、肌がスーッと鎮静、消炎されます。顔中を水分でひたひたの「漬け込み状態」にしてしまうイメージです。水分が肌の内部に行き渡り、角質のターンオーバーが正常化する環境をつくってくれます。手持ちのものでできるのも◎。

●やってみよう!コットンパック

1.化粧水をコットン に含ませる

まずは化粧水をコットンにたっぷり含ませて。化粧水が足りないときは精製水(蒸留や濾過した水)でもOK!

 

2. コットンを 2枚に裂く

コットンの厚みを2枚に裂きます。水分を含ませると、誰にでも簡単に裂けるので、手間はかかりません。

 

3.さらに 2枚に裂く

2で裂いたコットンを、さらに2枚に裂いて合計4枚にします。たっぷりぬらしておいたほうが簡単です。

 

4.コットンを貼りつける

裂いたコットンをほお、あご、額など、面積の広い所から順に貼っていきましょう。

 

5.貼りつけたら5分キープ

鼻など小さいスペースには同様にぬらしたコットンを小さくちぎって、顔中に貼りつけ5分ほど置きます。

 

<瀬戸口さんアドバイス>

夏だけでなく、肌の調子が悪いときにはいつでも行なって。化粧水とコットンは常備してレスキューケアに!

 

●お助けアイテム

「明色グリーン アストリンゼン」抗炎症効果のあるアロエ配合 170ml 700円/明色化粧品。「肌ラボ白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」美白効果も 170ml 900円(編集部調べ)/ロート製薬

顔中を水分でひたひたにするのがポイント! お高い化粧水じゃなくてもOkなのがうれしいですね。早速、洗顔後にやってみましょう。