ファッションアイテムの一つともいえる「香水」。自分の好きな香りに包まれていると、それだけで気分が上がるものですが、よく耳にする「パルファン」や「オーデコロン」など、ひと口に香水といってもさまざまな種類があります。これらの違いを知ることで、自分にぴったりの香水を選ぶヒントになるかもしれません。オトナンサー編集部では、日本フレグランス協会の担当者に聞きました。

含まれる香料の濃度「賦香率」

 そもそも香水は、主にアルコールに溶かした香料と蒸留水で作られます。含まれる香料の濃度を「賦香率(ふこうりつ)」といい、これが高いと香りの持続時間が長く、低いと短くなります。この賦香率によって、香水の種類は「パルファン」「オードパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」の4つに分けられます。

 まず、パルファンは賦香率15〜30%と4種類の中で最も高く、香りが5〜7時間続きます。濃度が高く、豪華で深みのある香りが少量で続くのが特徴です。次に、オードパルファンは賦香率8〜15%で、香りの持続力は5時間前後。パルファンに近い持続力と、深みのある香りを気軽につけられることから、近年人気が高まっているといいます。

 続いてオードトワレ。「オード」はフランス語で「水の」を意味し、賦香率は5〜8%と少し薄め。香りが3〜4時間程度持続する最もポピュラーなタイプで日常的に使いやすいのが特徴です。最後にオーデコロンは、フランス語で「ケルンの水」という意味。賦香率は最低の3〜5%で、持続時間も1〜2時間と短めです。ライトに香りを楽しめるタイプですが、オードパルファンなどの人気の高まりにより、近年は減少傾向にあるようです。

それぞれの香水に合ったシーン

 それでは、これらの香水はそれぞれどのようなシーンに適しているのでしょうか。

「わずか一滴で濃密な香りが立ち、最も持続時間が長いパルファンは、パーティーなどの華やかなシーンに最適な格調高いタイプです。オードパルファンはパルファンのような洗練された香りを日常的に使いたい時にオススメ。オードトワレは持続時間3〜4時間ですが、仕事とプライベートで香りを変えたい時にも適しており、普段使いしやすいでしょう。薄くほんのりと香りをつけられるオーデコロンは、スポーツや就寝前に使いやすいほか、香水初心者にもオススメです」(担当者)

 ちなみに、女性用の香水はパルファンからオーデコロンまでラインナップしている商品やブランドも多いですが、男性用はオードトワレかオーデコロンが主流です。多くの商品はこれら4種類に分類されているため、購入時は「パルファン」「トワレ」などの種類を店員に伝えるとスムーズです。

(オトナンサー編集部)