「奥様は、取り扱い注意」に出演が決定した西島秀俊

写真拡大

10月4日(水)、日本テレビ系にてスタートする綾瀬はるか主演のドラマ「奥様は、取り扱い注意」。このほど同ドラマの追加キャストが発表され、綾瀬演じる主人公・菜美の夫役を、西島秀俊が演じることが明らかになった。

【写真を見る】「八重の桜」では西島秀俊ときょうだい役だった綾瀬はるかは、今回ついに夫婦役に!/(C)NTV

同作は、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年、フジ系)や「BORDER」シリーズ(2014年ほか、テレビ朝日系)などで知られる金城一紀が原案・脚本を務める、笑いあり、アクションありの「エンタメドラマ」。金城が初めて女性を主人公にした作品を手掛けることでも話題を呼んでいる。

高級住宅街で暮らす専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬)は、ちょっとワケありな過去と決別し、合コンで知り合った夫・勇輝(西島)と結婚。穏やかで満ち足りた生活を送っていたが、次第に平穏過ぎる毎日に飽きを感じ始める。

そんな中、近所に暮らす優里(広末涼子)や京子(本田翼)と“主婦友”になった菜美は、苦手な料理を上達させるため、2人と料理教室に通い始める。そこで菜美は、ある主婦が夫からDVを受けていることに気付き、彼女を助けようとするが…。

今回西島が演じる勇輝は、友人と共同でIT企業を経営している“セレブ”で、どこかズレている菜美の行動も笑顔で許す心優しい夫。菜美が首を突っ込んだ周囲の人々のトラブルについて、一緒に解決策を考えてあげることもあり、まさに「理想の夫」と言える役どころだ。

「CRISIS―」に続いて金城作品へ出演することになった西島は、「金城さんが綾瀬さんを主演に迎え、女性たちの物語を描くと聞いた時、いったいどんな作品が生まれるのだろうかと期待で胸が高鳴りました。素晴らしい才能と才能が出会う、その現場に立ち会えることをとてもうれしく思います」と、作品への参加が決まった感想を。

大河ドラマ「八重の桜」(2013年、NHK総合ほか)やCMなどで共演経験のある綾瀬については「綾瀬さんとは久しぶりの共演で、初めての夫婦役です。奮闘する女性たちの間にどんなドラマが紡がれていくのか楽しみです。ぜひご期待ください」と明かした。

また、豊富な知識で菜美を引っ張っていく優里を演じる広末は「笑いあり、涙あり、アクションありのホームドラマを金城さんが書く! そして綾瀬はるかちゃん主演!! 絶対面白いすてきな作品になるに違いないと、私も期待度100%です。

女性に共感してもらえて、見てくださった皆さんに爽快感を味わってもらえる作品にできるよう、私も頑張りたいと思います」と、ドラマへの意気込みを告白。

おっとりしているが、好奇心旺盛な京子を演じる本田は「主婦役は初めてなので楽しみと不安が入り混じってますが、綾瀬さん、広末さんにしっかり付いていきチーム感を出せたらと思います。リアルで身近な問題が題材で共感できる部分も多いと思うのでぜひ見ていただけたらと思います」とメッセージを寄せた。