「遺留捜査」名コンビ、上川隆也と甲本雅裕による対談が実現!/(C)テレビ朝日

写真拡大

9月7日(木)に第8話が放送される、木曜ミステリー「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54テレビ朝日系)で、超マイペースな不思議キャラ刑事・糸村聡役の上川隆也と科捜研研究員・村木繁役の甲本雅裕による、初の対談が実現。毎回、糸村が科捜研を訪ね、無理やり遺留品の解析を依頼し村木はイライラしながらも結局鑑定を引き受けるという、劇中での2人の絶妙な掛け合いは、2011年のシリーズ当初からのお決まりシーンだ。同い年で小劇場出身と共通点の多い二人は、何を語るのか。

【写真を見る】一日警察署長に就任した上川隆也

初めてとなる甲本との対談に上川は、「こうやって向き合ったことなどなかったので、据わりが悪いというか…妙にくすぐったいです」と明かした。一方甲本は、「会場に着いた瞬間、帰りたいなと思いました(笑)。長い間、共演させてもらってきたのに…ドキドキします」と少々緊張気味の面持ちで対談はスタート。

――まずは糸村、村木はお互いどんな存在だと思っているのでしょうか? 2人の分析を教えてください。

上川:……うーん。どんな存在なんでしょう。

甲本:もしかして、何とも思ってない、とか…?

上川:そんなことはないですが(笑)、糸村にとって“村木さんは村木さん”なのだと思います。明確な言葉にできるようなものではなく、シーズンを重ねていく中で積み上げられてきた関係なんだと思います。

甲本:確かに言葉で言い表せる関係性ではない気がしますね。村木は仕事上、「困ります!」ということは絶対に糸村さんに言っておかなくちゃ、という気持ちはあると思うのですが、実は人間的な部分では奥底で信頼関係があるような気がするんです。しかし、村木ってスゴク単純で引きずらない人ですよね。毎回やって来る糸村さんに新鮮に対応しているのですから(笑)。

――糸村、村木のやりとりはどんなふうに撮影されているのですか?

上川:台本を踏まえた上で、僕らが演じたらどうなるか2人で話し合い、それをたたき台として監督からも意見をうかがいながら、現場でためつすがめつ(※いろいろな角度からよく観察)して出来上がっていく形です。

甲本:僕が撮影前夜にふと思い浮かんだことを、当日「こんな感じはどう?」と楽屋を訪ねて持ち掛けることも…。上川くんはそれを受け止めてくれて、アイデアをどんどん乗せてくれるんですよ。

上川:すごく建設的な場だと思います。より面白く、楽しく、分かりやすくお届けするために、毎回、何ができるだろうかと、諦めることなく話し合っています。

甲本:僕としては糸村さんが科捜研に現れないと出番がないので、糸村さんが来るのを強烈に待っているんです。なので当たり前だけど、僕はもう強烈に2人での撮影が楽しみなんです!

上川:そこは僕も同じです。何が生まれるのか非常にワクワクする時間ですし、幸いなことに視聴者の皆さまから科捜研のシーンの感想をいただくことも少なくないので、次回への意欲にもつながります。そういう意味では視聴者の皆さんも含めたやりとりの中からシーンが生まれているような感覚があって、放送されるまで毎回毎回が楽しみなんです。

――2人のシーンは、ネット上でも「熟年夫婦みたい」などと大反響ですが?

甲本:それ…ハッキリさせたいんだけど、どっちが夫で、どっちが妻なんでしょう?

上川:えっ!? 気になるの、そこなの?(笑)。でもこんなふうに対談が実現したのも皆さんが盛り上げてくださったからこそ。それは、手放しでうれしいです。作品を評価していただくこととはまた違った意味で、とても高揚感を覚えます。「すごいぞ、村木さん!」という思いです。

甲本:僕、実は第4シーズンまで呼んでもらえるとは思っていなかったんです。京都にまで呼んでいただき、こうして応援していただけるのは本当に役者冥利(みょうり)に尽きます。

――第4シーズンの中で、お2人が好きなシーンは?

上川:第6話です。“村木さん回”といってもよいと思うのですが、村木と糸村が共に真相を追うという、ある種、切望していた物語が実現したんです。これまで語られることのなかった村木さんの心情が明らかになり、初めて2人が同じものを見詰める時間を共有できたというのが、僕にとってはうれしかったです。シーンでいうと、第6話の最後の場面が印象深いです。

甲本:上川くんがそう思っていてくれたことを知ることができて…この場から帰らなくてよかった(笑)。どの回も大好きですし一生懸命やらなかったことなどないですが、第6話は村木という役にいろいろなものを与えてもらいました。糸村さんと外に出ている状況に自分でも照れたりしたのですが(笑)、糸村さんとどういう距離で付き合うか、役の中にどうそれを込めようか、などいろいろ考えた回でしたね。

――プライベートでのお2人の関係は?

甲本:いえ、僕ら、しつこくない間柄なのがいいと思うんです。20年ぐらい前に初めて会ったときから、上川くんって、なんだかしつこくなくて、そこがすごくいいんです(笑)。でも会ったら会ったで、ものすごくしゃべる。真面目なことも話し合うし、ふざけたことを言うと、すぐツッコんでくれる、という…。

上川:四六時中、つるんでいるかというと決してそんなことはなくて、プライベートで連絡を取り合うこともあまりありません。互いの誕生日にメールで「おめでとう」と送り合うぐらいで、「飲みに行こうぜ」と誘い合うわけでもなく、でも現場で会うと、いつもの空気がそこにある。そんな不思議な距離感がお互いの中に共通のものとしてあるというのが、居心地の良さにつながっているのかもしれません。

甲本:この距離感が画面で伝わるからこそ、視聴者の皆さんに2人のやりとりが喜んでもらえているのかなとも思いますね。たまにクラスメートに再会すると、妙にテンションが上がることってあるじゃないですか。僕にとって「遺留捜査」の現場って、そんな感じかもしれません。

――「遺留捜査」で6年、共演してきましたが、年月を経てお互い変わったところは?

甲本:上川くんは…みじんも変わらないですね。いつ会っても“温度”が変わらない。そこに僕は信頼を置いています。そのベースラインがあるから、共演するときはしっかり芝居ができますね。

上川:僕は、“遺留捜査愛”が年々歳々、強くなっているのを甲本氏から感じます(笑)。ファンの方にも伝わっていると思うのですが、パワーがどんどん増しているんです。村木さんという役柄、村木さんが息をしている「遺留捜査」の世界を、僕とはまた違った熱量で愛しているのが分かる。そこに確信が持てるので、科捜研でのシーンでの提案はとてもありがたいし、それに最大限応えたいと思うんです。

甲本:上川くんの言う通り、自分でも気が付いたら、“オレってこんなに「遺留捜査」が好きなんだなぁ”って感じていて(笑)。上川くんにはもちろん、視聴者の方々にも絶対的な信頼を感じるので、この作品では思いきり芝居をぶつけることができる。それがこの「遺留捜査」がシーズンを重ねてきた意味なのかなと感じています。

――では最後に、お互い俳優として“ここがスゴイな”と思うところは?

上川:本人の前で、ちょっと照れくさいですが…(笑)。僕は甲本雅裕という役者を間違いなく信用しています。彼は、役に対する向き合い方が常に変わらない。僕は役者として自分ではフワフワしている実感があるので、彼の揺らぎなさを頼りに感じるんです。僕のような人間にも信頼感を与えてくれる、その人柄を含めた役者としてのありさまを、とても尊敬しています。

甲本:そんなこと言われると…いやぁもう…飛び上がりたい気持ちですね! フワフワしているなんて言っていますが、上川くんの役に対する思いはものすごいですよ。僕とはアプローチこそ違うのですが、そこはやっぱり共通するもので、上川くんは役柄への熱意を特別なものではなく当たり前に捉えて役者をしている人というイメージ。それを変わらず持ち続けているのが彼のスゴイところだと思います!

対談を終えると、「撮影より緊張した〜!」と、そろってホッとした表情を浮かべた上川と甲本。科捜研での二人の絶妙な掛け合いは、今夜の第8話でも登場する。

■ 気になる第8話(9月7日[木]放送)のあらすじ

森林公園に続く遊歩道で、イベント制作会社社長・柴田亜弓(小沢真珠)の絞殺死体が見つかった。3カ月前から捜査一課3係が追っている連続通り魔事件の犯人と手口が酷似していたが、糸村聡は亜弓の右足のハイヒールのかかとが根元から折れていることに気付き、そもそも被害者がなぜ9cmもの高いピンヒールで足元の悪い坂道を登っていたのか疑問を抱く。

調べたところ、亜弓は同業他社から人材を引き抜いたり、得意先を奪ったり…と強引なビジネスを展開するワンマン社長で、社内では部下の川嶋由希(大野いと)にひどいパワハラを行っていた事実が判明。陰では、社員たちから“ハイヒールを履いた悪魔”と呼ばれていたことも分かった。

そんな中、亜弓に恨みを抱く人物としてライバル会社の社長・森島直人(伊藤正之)と、半月ほど前に解雇された元社員・矢沢絵里(西村亜矢子)が浮上する。しかし、被害者の靴のことをまだ気にしていた糸村は、科捜研研究員・村木繁の元に折れたハイヒールを持ち込む。