メンタルが弱かったら壊れていた…トッテナム加入のオーリエがメディア批判

写真拡大

『The SUN』は6日、「トッテナム・ホットスパーに加入したセルジュ・オーリエは、自分はフランスリーグ最高のDFだったと語った」と報じた。

今夏のマーケットでパリ・サンジェルマンを退団し、2300万ポンド(およそ31.73億円)の移籍金でトッテナムと契約したオーリエ。

トマ・ムニエの台頭、さらにダニ・アウヴェスの加入によってチームでの立場を失い、パリ・サンジェルマンでは出場機会が乏しくなっていた。

しかし、彼は自分のことを「統計上ではリーグアン最高のディフェンダーだった」と話し、自由を感じていると語った。

セルジュ・オーリエ

「僕は新しい人生を歩みたかったんだ。

なぜなら、パリ・サンジェルマンは僕の本当の価値を尊重しなかったからだ。彼らはサッカーと関係ないことを気にしていた。

統計的に言えば、僕はリーグ・アンで最も影響力のあるディフェンダーだった。2013年から、今までね。パリ・サンジェルマンで9つのトロフィーも獲得してきた。

僕は今、自由を感じているよ。

パリ・サンジェルマンは新たな3年契約をオファーしてきた。しかし、僕は彼らから離れて新しい冒険を始めたかった。

いろいろな理由で、それを断った。僕は人生の新しい道を拓きたかったんだ。

あのクラブのすべての人と上手くやっていた。監督、選手、コーチ、ファン。彼らが僕をキープしたかったという事実から、それも証明されている。

しかし、僕は自分自身のことを考える必要があった。個人的な決断だ」
セルジュ・オーリエ

「警官との間に幾つかのトラブルがあり、それがヨーロッパのメディアで批判された。

普通は1年もあれば沈静化するものだが、僕の場合はあまりにも騒がれ過ぎた。もし僕のメンタルが強くなければ、めちゃくちゃになっていただろうね。

パリ・サンジェルマンにはあと1〜2年いることも出来た。ナースル・アル・ハライフィ会長はもうひとりの父親みたいな存在だし、チームも家族のようだった。

離れるという決断を下したことで、一部の人を傷つけた。しかし、それも人生だ。僕は新しい世界を見たかったんだ。

トッテナムは野心に溢れたクラブだ。良いサッカーをして、しばしばプレミアリーグの上位でフィニッシュする。

僕はいつもイングランドでプレーすることを夢見てきた。そして、僕の道程にやってきたチャンスを掴んだ。

まだ24歳だ。多くのシーズンを戦える。今は僕次第だ。戦い、成長し、新しいクラブでの素晴らしい時間を楽しめるかどうかはね。

給与はそれほど問題じゃないよ。楽しめるクラブに行きたかった。金が欲しければ、パリ・サンジェルマンに残っているよ。彼らのオファーは興味深かったよ。前のものよりずっとね。

しかし、僕はトッテナムと5年契約を結んだ。新しいことを経験し、世界最高の右サイドバックになれる。神のご加護があれば、目標が達成できるよ」