1日、実写版「銀魂」が中国で封切られた。実写版「銀魂」では、原作の世界観がそのまま再現されており、7月14日に日本で公開されると、興行収入が35億円に達した。

写真拡大

9月1日、実写版「銀魂」が中国で封切られた。「銀魂」の原作者は、漫画家・空知英秋で、2004年から「週刊少年ジャンプ」で連載され、06年からテレビアニメ化、今年実写版映画がついに公開された。実写版「銀魂」では、原作の世界観がそのまま再現されており、7月14日に日本で公開されると、興行収入が35億円に達した。(文:胡広欣。羊城晩報掲載)

今回「銀魂」が中国で公開され、「中国の桁外れな規模」が再び日本人を驚かせている。中国では「銀魂」が8000カ所の映画館の1万2000スクリーン(日本は3400スクリーン)で上映され、その規模は日本の4倍だ。日本メディアは、「邦画実写作品としては史上最大規模での公開」と報じている。興行収入も公開3日ですでに5000万元(約8億2500万円)に達し、昨年公開された「寄生獣」を早くも抜いて、これまで中国で公開された実写版の日本映画の中で、最も売れた作品となっている。ただ、漫画の実写版映画とあって、中国では原作漫画のファンが大いに沸いているものの、その他の人の心を捉えることができていないのは残念だ。口コミも二極化しており、情報コミュニティサイト・豆瓣での評価は8.2ポイントから7.6ポイントまで落ちている。

▼ファンを納得させる再現度

原作ファンにとって、実写版映画で一番重要なのが「再現度」だ。福田雄一監督の代表作である深夜ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」は、視聴者の間で実写版「銀魂」と冗談っぽく言われている。両者ともに、斬新な世界観が売りで、ツッコミやジョークなど、隅から隅まで笑いが散りばめられている。

「銀魂」の実写化のメガホンを握った福田監督は、期待を全く裏切っておらず、原作の世界観をそのまま「再現」して、ファンらをこの上なく納得させた。実写版は、アイテムやキャラクターなどの面で原作をうまく再現している。万事屋や江戸街道、歌舞伎町などのお馴染みのシーン、さらに、銀さんのスクーター、銀さんの大好きないちご牛乳などのアイテムまで、細かいところまで丁寧に再現し、各キャラクターを演じる役者のビジュアルも高い再現度だ。

▼「男神」、「女神」がキャラクターになりきる

実写版「銀魂」は、小栗旬や堂本剛、菅田将暉など、イケメン俳優が多数出演している。そのため、「イケメンを見れるだけでもチケット代払う価値あり」という宣伝文句で宣伝されている。それら、「男神」、「女神」は、「アイドル」という型に全くはまることなく、それまでのイメージを覆すような演技で、それぞれのキャラクターになりきっている。

▼アクションシーンが素人すぎ?

実写版で、福田監督は、原作のナンセンスな世界観を壊すことなく再現している。130分の映画の中で、さまざまな方法で、「ジョジョの奇妙な冒険」や「オバケのQ太郎」、「風の谷のナウシカ」、「ONE PIECE」、「信長協奏曲」、「花より男子」などをディスっているほか、各地の方言やなまりも出てくる。ファンにとっては、130分笑いっぱなしの内容であるものの、日本のポップカルチャーをあまり知らない人にとっては、頭の上に疑問符を浮かべた状態になるだけだろう。

その他、「痛快アクション娯楽映画」という宣伝文句でも宣伝され、主役の小栗旬の提案で、韓国からアクションの演出チームを招いて撮影が行われた。ただ、アクションシーンは期待するほどの仕上がりにはなっていない。漫画の「悪い癖」まで引き継いでおり、「しゃべりすぎ」であるため、アクションシーンならではの「緊張感」が全くない。ネットユーザーらは、「刀を2回ほど振り回して、ドヤ顔でポーズを決めるのがアクション映画?」、「戦闘シーンに解説があるなんて、素人すぎるだろう!」などの声を上げている。

▼漫画的リアル追求しクオリティ低いと感じる人も

実写版「銀魂」の特殊効果も、一般の視聴者には理解できないようだ。

福田監督は取材に応じた際、その特殊効果に投げかけられた否定的な見方について、「わざと、あらあらしいスタイルにしている。『銀魂』は元々、フィクションのストーリーで、原作では江戸時代と現代の時空をわざとミックスさせている。例えば、着物を着ながら、携帯や電話、コンビニがある現代的な生活を送っている。そのように、わざと『違和感』を出すことで、現実の世界との距離をあけている。各シーンが安っぽく見えるという人もおり、CGチームからすると、クオリティが下がると感じるかもしれない。でも、その中には僕の譲れない部分、僕の『銀魂』という作品に対する理解があり、全体的に見れば、それで正解だと思っている」としている。(提供/人民網日本語版・編集KN)