肝になる中盤のトライアングルで、インサイドハーフ、アンカー、ボランチで計算できる山口の存在は大きい。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

「監督から、オーストラリア戦が(今後の)代表のベースとなるという話があった」

 槙野智章が明かせば、山口蛍もサウジアラビア戦を前に「ホームだからああいう戦い方(オーストラリア戦)ができたというのではなく、アウェーでもできれば。そこにトライしようとしている」と話す。

 最終予選のクライマックスで、ハリルジャパンはロシア行きを決めると同時に、チームとしての方向性を固めることができた。高い位置から果敢に奪おうとする能動的なディフェンスで敵のリズムを狂わせ、攻撃面では縦へのスピードを意識し、両サイドからも複数人が連動した形で積極的に仕掛けていく。これが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の目指す「日本らしい」スタイルということなのだろう。

 肝になるのは、4-3-3システムの中盤3枚だ。長い間、「トップ下+2ボランチ」が主流だったが、ここに来て「インサイドハーフ2枚+アンカー」が軸となりつつある。ハイプレスを重視するなら、2列目に人数をかけたほうが、より分厚く守れる。ただし、アンカーの両脇が手薄になる弱点があり、オーストラリア戦でも、長谷部誠の左右のスペースで、敵の2シャドーが“浮く”シーンが散見された。

 一方のサウジ戦では、30度を超す気候のなか、思うように前から行けず、プレスの威力は半減。「前から行くにしても、もうちょっと上手く、全体的にハメ込んでいかないといけなかった」と山口が振り返るように、まだまだ精度を上げる必要もある。

 アンカーの両脇を狙われた時にどう対応するのか。環境や状況によって前から行けない時は、割り切ってリトリートするのか。整理すべき点は少なくない。理想は、3人の顔ぶれや役割が変わっても、前線3枚と協力しながら、高い連動性で“ハメられる”ようになることだ。

 その前線3枚に、今回のオーストラリア&サウジ戦では計9人をセレクトした。層の厚いセクションだが、唯一、代えの利かない選手が、CFの大迫勇也だ。

 抜群のキープ力でボールを収め、確実に味方へとつなぐ。ゴールこそなかったが、大柄な選手を相手にしても、安定したポストプレーを見せたオーストラリア戦のこの男の働きぶりは、特筆に値する。

【日本代表PHOTO】日本、敗れる・・サウジアラビアは3大会ぶりにW杯出場権獲得

 その希少価値が改めて証明されたのが、サウジ戦だった。予選最後のゲームに、しかし大迫は痛めていた右足首の状態を考慮されてか、ベンチ外だった。代わりに頂点に収まったのが経験豊富な岡崎慎司で、後半途中からは代表初選出の杉本健勇がピッチに立った。

 ただ、ふたりとも大迫を脅かすようなパフォーマンスは示せなかった。前線の基準点として機能し切れず、相手ゴール前での迫力も出せない。むしろ「大迫がいないと……」という危機感はさらに高まった。

“大迫一択”で本大会に臨むのは、あまりにリスキーなのは言うまでもない。ロシア・ワールドカップまであと約9か月。長いようで短いこの期間に、CFの序列に異変が起きるような事態を期待したい。

 また、サウジ戦の後に、「決定力」についてコメントする選手が何人かいた。もちろん、そこは課題のひとつではあるだろうが、修正しようとして修正できる性質のものではない。

 3本シュートを打って決まらなければ、4本、5本と打ち続けて、ゴールの確率を高めるしかない。フォーカスするのは決定力ではなく、「決定機」。その意味では、オーストラリア戦もサウジ戦も、それなりにチャンスは作れていた。あとはその回数を増やすための攻撃パターンの多様化や、得点センスに秀でるタイプの引き上げ、例えば、中盤で気の利いたラストパスを出せる柴崎岳のような新たな力が、今後は求められてくるだろう。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)