JR西日本は、大阪環状線の103系の営業運転を10月3日をもって終了すると発表した。

1969年に運行を開始し、これまでに約9億5,000万キロを走行した。2016年12月に新型車両の323系の投入を開始し、置き換えが進んでいることから引退が決まった。JR西日本の他の線区を走行する103系は運転を継続する。

103系の引退を記念し、スペシャルムービー「LOOP大阪環状線」を公開。楽曲には、2005年にリリースしたチャットモンチーの卒業をテーマにした名曲「サラバ青春」を採用した。

大阪環状線に2005年から投入されている201系は、2018年度を目処に置き換える予定。